監修の先生プロフィール

池田裕一先生 プロフィール

日本夜尿症学会 常任理事 第29回学術集会大会長

日本小児科学会専門医、指導医、代議員

日本小児腎臓病学会 代議員、専門医制度委員

日本腎臓病学会専門医、指導医

ICD(インフェクションコントロールドクター)

 

1995年昭和大学医学部卒業後、同大学藤が丘病院小児科に入局。

1998年~神奈川県立こども医療センター感染免疫腎内科、昭和大学医学部小児科講師、カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF ,Children Hospital Oakland,CA, USA)客員研究員等を経て、現在は昭和大学医学部小児科准教授、同大学藤が丘病院小児科診療科長。

 

また、「尿トラブル外来」を担当、HPこどものおねしょとおもらし総合相談室「おしっこトラブルどっとこむ」や講演、執筆、TV出演(NHK)等、子どもの排尿の問題に取り組んでいます。

巷野悟郎先生 プロフィール

東京大学医学部卒業。医学博士。小児科医。公益社団法人 母子保健推進会議 会長、東京都立駒込病院小児科医長、東京都立府中病院長、こどもの城・小児保健クリニック院長、家政大学・聖徳大学の児童学科教授を歴任。(社)全国ベビーシッター協会会長なども務める。NHKラジオ第一放送で18年にわたり電話による育児相談を担当した。また育児誌『赤ちゃんとママ』(赤ちゃんとママ社)の監修に長年携わるとともに、『子育ては自然にかえれ』(泉書房)、『保育保健の基礎知識』(編著・小児医事出版社)、『新・小児保健』(編著・診断と治療社)、『赤ちゃんが書かせてくれた』(赤ちゃんとママ社)、『こころがホッとするnew育児法』(講談社)など、著書も多数ある。

 

参考文献・サイト

社団法人 日本衛生材料工業連合会:『紙おむつQ&A』

『南山堂 医学大百科 (第18版)』南山堂 2000年 第18版 4刷

井上裕子先生 プロフィール

東京都立川市 井上レディスクリニック院長。

産婦人科専門医、日本乳癌学会認定医、認定健康スポーツ医 他。

診療のかたわら、思春期から更年期の様々な女性に対しての講演活動、また、雑誌・TVなどに、出演、監修、執筆するなど多方面で活躍。

著書に「産婦人科の診療室から」(小学館)、「元気になるこころとからだ」(池田書店)、「STUDY SEX」(農文協)など。一娘の母。

 

井上先生からのメッセージ

昔から「赤ちゃんは”授かりもの”」と言いますね。まさにその通り。赤ちゃんたちは、「どのお母さんとお父さんのところに行こうかな?」と選んでみなさんのところにやってきたのです。

初めての妊娠・出産で、体重や食生活の管理、分娩への不安など、自信をなくしてしまうこともあるかもしれません。でも「私は赤ちゃんから選ばれたんだ!」と自信を持って! おなかに赤ちゃんがいるときから子育ては始まっています。「子どもたちはどんな親のところに生まれたくて、なぜ私を選んだのだろう?」と考えてみるといいですね。その答えはひとつではありません。

「育児」は「育自」。自分を育てることでもあります。だから妊娠も出産も育児も楽しくやって、親子で楽しく成長しましょう! 育児での楽しいことは「ラクなこと」ではありませんが、赤ちゃんの笑顔を見れば元気がもらえて、大変なことも楽しいことに必ずなりますよ。

※診療科目は産婦人科一般。助産婦外来もあります。

林 志穂先生 プロフィール

愛知学院大学歯学部卒業。東京のファーストデンタル四谷三丁目の小児歯科外来と、名古屋の坂井歯科医院でこども歯科外来を担当。愛知学院大学歯学部小児歯科学講座の非常勤助手も務める。日本小児歯科学会認定医。