出産

出産

出産

※ユニ・チャーム調べ:2010年7月27日〜2010年9月8日に実施したアンケートより(812名のママが回答)

データ編

自然分娩の場合、どのようにお産が進んだのかについて伺いました。半数近くの方がおしるしから始まったようですが、おしるしが来なかった、気づかなかった方も4割近くいらっしゃいました。また、陣痛から出産までの時間も、バラつきのある結果となりました。

おしるし・破水・陣痛は、どのような順番できましたか?

おしるし・破水・陣痛は、どのような順番できましたか?

おしるしがきたのは陣痛開始日の、どのくらい前でしたか?

おしるしがきたのは陣痛開始日の、どのくらい前でしたか?

初めての出産の時、陣痛から出産までにどのくらい時間がかかりましたか?

初めての出産の時、陣痛から出産までにどのくらい時間がかかりましたか?

初めての出産の時、入院中はどのようなものが役立ちましたか?

初めての出産の時、入院中はどのようなものが役立ちましたか?

出産、入院中に役に立ったものでは、一番多かったのは携帯電話。普段の生活での必需品は出産時もやはり同様ですね。パパへの連絡のほかに、産まれたてのベビーの写メをお友だちにすぐに送ったりもできますね。「その他」の回答で多かったのは授乳用クッション。初めての慣れない授乳に備えたママたちの実感です。ほかに「夫(のやさしさ)」という回答も。

体験談

陣痛や産む瞬間の痛みなど、不安なことも多い出産ですが、乗り越えればいよいよ赤ちゃんとのご対面。読むだけで胸があたたかくなる素敵な体験談がたくさん集まりました。

兵庫県:ゆうゆう

切迫流産・早産気味だったので、妊娠中は安静にしていました。35週を過ぎて安静解除となり、朝夕1時間散歩をしました。洗濯を干すときに、股を開きながら腰をおろしスクワットをするようにしました。そのおかげで2、3回いきんだだけで出産することができました。あとは、出産のイメージトレーニングをしていたので、すごく冷静にお産をすることができ、子どもが生まれて出てくるときも、しっかり見ることができました(へその緒が肩にたすきがけになっていたのも見ました)。「痛くなってきました。今のは陣痛が弱かった(短かった)ですね」などと、あまりにも冷静に話していたので、助産師さんもびっくりされていました。生まれた我が子を見たときは、やっと会えた喜びで胸がいっぱいでした。あの感動を思い出すたび胸があつくなります。

神奈川県:ふみゆみ

私は、出産予定日を1週間過ぎても出産の兆候がなく、陣痛誘発剤の点滴のために入院しました。3日間、陣痛誘発剤の点滴をしましたが、子宮口が2センチ以上開かず、赤ちゃんへの負担も考慮し、結局は帝王切開での出産になりました。陣痛誘発剤の点滴中、痛くて痛くてたまらず、逃げられるものならどこかへ逃げたくなりましたが、産んでしまえば目の前に赤ちゃんがいて、痛みなんて忘れてしまいました。術後麻酔がとれ、出産した次の日に初めて我が子を抱っこしたとき、とにかく無事に生まれてくれたことに、胸をなでおろしました。自然分娩希望で帝王切開に抵抗がありましたが、赤ちゃんの命の方が優先でした。自然分娩だろうが、帝王切開だろうが、目の前には愛おしい我が子がいることにかわりはありません。今、充実した子育てをする毎日を送っています。

石川県:ひなぞうママ

臨月に入ったら、パパに腰をさすってもらう練習とかをしておいた方が良いと思います。うちの旦那様はオロオロするばかりで「腰をさすってよ!」と言っても、どこをさすって良いのかわからなかったみたいで、ほとんど役に立ちませんでした・・・。

愛媛県:ろく

変な話ですが、おしりを押してもらうといきむのを我慢できました。陣痛は長くても、陣痛と陣痛の間には必ず痛くない時間があるので、そこでしっかり息抜きすることが大切。陣痛の最初の頃は間に寝ていました。

宮城県:こか

私は初めてのお産で、おしるしがないまま弱い腹痛を経て突然破水、陣痛となりました。弱くてもお腹が痛くなったらいつでも病院に行けるよう、玄関に1番近い部屋に入院グッズと携帯電話を置き、着替えを隣に置いて寝ると安心です。お腹の痛みの強弱、破水してしまった場合の時間などは産院で聞かれるので、必ず見ておくようにした方がいいですよ!あとはプロ(産院スタッフ)の声を聞くことです!聞くことに意識を少しでも向けて痛みをそらしましょう(笑)。エピソードとしては・・・夜中に突然破水して即入院、出産することになったので、看護師さんはつきっきりで痛む腰をさすってくれ、助産師さんも慌てて駆けつけてくれました。痛みの中看護師さんに「残業させてしまいましたよね!?すみません!」と言ったり、助産師さんに「こんな夜中にお呼びたてして本当にすみません!」と謝ったりしたら、「私たちに謝る余裕があるなら大丈夫だね」と笑われました(^^;)。

兵庫県:はまぱん

出産前まで毎日散歩をしていました。散歩している最中もいつ破水するかとヒヤヒヤしながら歩いていましたが、健診の帰り道、自分で車を運転していたら破水してしまいました。でも慌てることはありません。いつもより下着が濡れている、服まで濡れていると思って、すぐに病院に電話。まだ間に合いました。慌てず落ち着くことが一番です。

茨城県:ゆあたん

私は「出産」は産むときが痛いと思っていました。よく、「鼻からスイカが出てくるほど痛い!」と聞いていたので。でも実際は、その前の陣痛のほうがあんなに痛いなんて、思ってもいませんでした。しかもいきみを我慢するのがあんなにつらいなんて!産むときはそれまで我慢していたいきみを思いっきりできるので、陣痛よりはるかに楽でした。陣痛は腰がとても痛くて、主人が分娩室に移動するまでずっとさすってくれました。さすってもらうかもらわないかは天と地ほどの差があるので、絶対さすってもらった方がいいです!それらを乗り越えての我が子との対面は、なんとも言えない喜びと幸せと達成感でいっぱいでした。

山形県:ちぃちぃ

予定帝王切開での出産でした。帝王切開ってまだまだ偏見があるみたいですが、ある意味自然分娩と同じようにお腹を「いためて」出産しているんです。だからもし、これから帝王切開で出産される方がいても、胸を張ってください!!私の場合は全身麻酔ではなかったため、術中のこと全て覚えています。子どもがお腹から出てきた時の産声、感動と喜びは忘れることができません。10ヶ月もの間、自分のお腹の中で大事に育んできた我が子。愛しいのはいうまでもありません。

福井県:ゆめちの母

私はおしるしもなく、破水もなくお産が進みました。陣痛の間隔も「どんどん短くなって赤ちゃんが産まれる」と本を読んで勉強していたのに、短くなったと思ったらまた長くなって…。でも必ずまた痛みはやってきました。結局、夜から陣痛が始まって飲まず喰わず眠れずで、次の日の夜までかかって生まれました。最後まで破水しなかったので、分娩室で先生に破ってもらい、子宮口も全開にならないまま出産。何度も一生大きなお腹でいいから逃げ出したいと思いました。でも今、無事に生まれた娘と暮らしていて、子どもってこんなに可愛いと知っていたなら、あのときもっと強い気持ちで頑張れたかもしれないな〜と思っています。

兵庫県:兵庫県 みぃちゃんママ

破水→陣痛→出産まで約36時間もかかりましたが、生まれた時は本当に今までにない感動と胸の中が温かいもので満たされました。よく、産む時は「鼻からスイカ」のような痛さとか言われますが、陣痛がすごすぎて、産む時はほとんど痛みを感じないですよ〜。後処理も全然感じませんでした(嬉しくて嬉しくて、赤ちゃんばかり見ていたので)。あと、ご主人の立会いを悩まれている方、ぜひぜひ立ち会ってもらってください。私も最初は悩みましたが、主人に立ち会ってもらって良かったです!ママは10ヶ月間たっぷり赤ちゃんの存在を感じられますが、やっぱりパパはなかなか実感が湧かないみたいです。生まれる瞬間を見ると、ものすごく感動するみたいです。主人も一気にパパの顔になりましたよ。普段あまり「感動した!」なんて言わない主人が、いろいろな人に「感動した」と伝えまくっていたそうです。 ご主人は肩の辺りに立ってもらうことになると思います(病院によって指示があると思いますが)ので、あまり気になるところは見られないと思いますよ。ぜひぜひ可能ならご夫婦で感動を共有して下さい。主人はあの感動があったせいか、ものすごく娘を溺愛してますよ!

東京都:nyabu

産んだ瞬間は、実を言うと実感がなく、"ボーーーーーッ"としている感じでした。看護師さんに、「ほら、よく頑張ったわね!!」と赤ちゃんの顔を見せてもらっても、「私の赤ちゃん?」という感じでした。でも自分の部屋に戻り、お腹がへこんでいることや、付き添ってくれていた家族の盛り上がりぶりで実感が湧いてきた感じでした。そして初めておっぱいをあげた時、お母さんになったんだな〜っと一番思ったし、本当に赤ちゃんは愛しいと思いました。それと同時に、子どもを育てることの責任と喜びと、言い表せない不安で意味がわからず涙が出ました。不思議だったなぁ♪子どもの成長は早いもので、こんなにも出産のことを鮮明に覚えているのに、赤ちゃんはもう大きくなり、私の周りを走り回っている・・・。これからも、一瞬一瞬の子どもの成長と、愛情の膨らみを楽しんでいこうと思います。

神奈川県:よも

無痛分娩で出産しました。ほとんど痛くなかったので、良いお産ができました。産むまで怖くて仕方なかったのですが、出産して本当に良かったと思います。

東京都:よ〜ん

予定日まで1週間となった日曜日。朝からはりきってお掃除をしました。その後お風呂に入り、さあ寝よう!と思ったのになかなか寝つけず、インターネットでSNSの「早く陣痛こないかな」という内容の書き込みを読んでいたら・・・「ブチ!」という音とともに大量の破水。夜用のナプキンを当てていましたが、すぐに使い物にならないほどの量で、急いで病院へ向かいました。この時、あわてず冷静にいられたのは、全ての段取りを紙に書いてシミュレーションしていたため。持ち物、連絡先、タクシー会社の電話番号などや段取りをしっかり書いていたので、オロオロする主人を落ち着かせることができました。破水後、あっという間の出産だったのですが、余裕を持って臨めたのは、段取りシートのおかげだと今も思っています。「備えあれば、憂いなし」を実感しました。

奈良県:はなおとちゃん

陣痛は言い表せないような痛みでしたが、赤ちゃんが生まれた瞬間、声を聞いた瞬間、痛みはすっとなくなり、気持ちは今まで味わったことのない幸せな気持ちでいっぱいでした。ふと、病室から外を眺めると、いい天気で、いつもとかわらない空だけど、あの瞬間だけは気持ち晴れやかに、この世界のすべてのものから祝福をうけた感じでした。妊娠時はいろいろ不安ばかりでしたが、誕生とともに世界が変わった瞬間でした。

東京都:はるかママ

自由度の高い病院で、四つん這いの体勢で出産しました。自らの手で我が子を取り上げ、「よくきたね〜!待ってたよ〜」と声をかけました。赤ちゃんは少し声をあげて泣いたものの、その後は胸の上ですやすや。出産時にストレスをかけないと、赤ちゃんは安心するそうです。陣痛の最中も痛いとは一度も言うことなく、「いい陣痛がきたね!一緒に頑張ろうね!」と赤ちゃんに言っていたことがよかったのかもしれません。その後も手のかからない子で、私も楽しくのんびり子育てをしています。本当にお母さんの気持ちが伝わることを日々実感しています。

大阪府:karina

赤ちゃんが生まれるときにいきむことよりも、その前の陣痛の方がつらかったです。陣痛が強いときは足のつけ根が痛く、自然に体がいきんでしまいそうになるのを必死にこらえるのが大変でした。付き添ってもらっていた主人に叩いてもらったり、押さえてもらったり・・・主人も一緒に起きていてくれました。赤ちゃんが下におりてきて、「いきんでいい」と言われてからは早かったです。妊娠後期は背中やおなか、あちこち痛くてうつになりそうなくらいつらかったですが、生まれた赤ちゃんを見た瞬間、もう一人産んでもいいなと思いました。

大阪府:ひなママ

取り上げてくれた助産師さんがいい人でした。初めての出産で結構難産気味だったのですが、私が苦しい最中、赤ちゃんの頭がちょっと出てきた時に「もう頭出てきたよ!」と実際に赤ちゃんの頭を触らせてくれたので、あともう一息だとがんばれました!!もうすぐおなかの中にいた子と会えるんだと思うと、また新たな力が出てきてつらかったお産も乗り切れました。今もあんな貴重な体験をさせてくれた助産師さんへの感謝でいっぱいです!!

北海道:ごっち

予定日より約1カ月も早くおしるしがきました。その前に切迫早産で入院していたこともあり、また再入院になるかもと思いながら身支度&入院準備をしていたら、チョロチョロと破水。早朝だったのですが、すぐに病院に電話して向かいました。「破水しても2日は大丈夫だから自然に陣痛がくるのを待ちましょう」と言われ、そんなに時間がかかったら嫌だと思い、赤ちゃんに「早く出ておいで〜」と声をかけていました。すると、モニターをつけている間にも赤ちゃんの位置が下がってきて、陣痛が!子宮口も1センチ→3センチ→6センチ→全開と、あっという間に広がって、結局トータル2時間のスピード安産でした。初産なので10時間くらいかかるんだろうなぁと思い、体力を落とさないようにしなきゃ、と陣痛が始まってからも合間をみてお昼ごはんを食べたのですが、結局すべて終わったあとに、夕飯もしっかり食べることができました(笑)。

東京都:なつごろう

予定日から2日遅れでおしるしがきました。おしるしからすぐに5分から10分間隔で陣痛らしきものが。病院についた頃には子宮口全開で、頭が見えていました・・・。数日前から尿漏れかと思っていたのが実は破水だったようです。ちょっとでも怪しかったら、病院で確認してもらうべきだと思います。

埼玉県:ゆかっちぃ

夜中に陣痛のピークと闘っていた私に付き添ってくれた主人は、眠気と闘っていました・・・。しまいには私が主人に「もう少しだから頑張って!」と励ましていて。今でこそ笑い話ですが、もっとパパになる自覚を持って欲しかった!出産はママだけでするものじゃありませんよ!今のうちにパパの教育をしっかりしておきましょう。というか、パパにも体力つけてもらいましょう。

東京都:エミリー

「予定日より遅れての出産となるでしょう」と言われていたので、毎日のように運動もかねて出かけていたら、帰りがけにパシャっと破水が起こり、あわててタクシーを呼んでそのまま入院となりました。タクシー会社もタクシーが全て出ていてすぐには来られない場合もあるので、3社分くらいは携帯電話に登録しておくことをオススメします。あとちょっとそこまで・・の外出でも母子手帳を常に持ち歩くことをオススメします!

群馬県:群馬県虹のまま

初めての出産では、やはり旦那が頼りになりました。側にいてくれたので緊張感は和らぎ、陣痛から3時間弱で生まれました。その瞬間はホッとしましたが、とても痛くてもう生みたくないと思いました。でも2人目も欲しかったので、2人目は無痛分娩にしました。2人目は1時間くらいで生まれて産後の回復も早かったので、「一人目も無痛分娩で生めばよかったね」と今でも夫婦で話をします。マタニティースイミングやヨガ、散歩など毎日1時間は運動した方が出産が楽です。

愛知県:いちごさん

陣痛時、本当にこれが陣痛かどうかわからず、こんなものじゃないと思いこんで我慢をし続けたところ、気がついたら動けなくなっていました(その時すでに3分間隔で陣痛が)。たまたま夜中で、旦那がいてくれたので病院に運んでもらえたから良かったのですが、少しでも違和感があったり、痛いと思ったら、かかりつけの病院に電話でもいいので相談することをオススメします。

兵庫県:み〜ず

近所の仲良し奥さんから、便秘だと思い最初気づかず30分間トイレにこもっていたら、ご主人に「それ陣痛ちゃう?」といわれ病院へ言ったと笑い話で教えてもらっていたのに、私も同じく便秘だと思いトイレにこもっている間に陣痛が進み、病院行ったら即入院でした。出産は恐いものとドキドキしていましたが、「案ずるより産むが易し」の言葉通り、大丈夫でした。

兵庫県:ちゃすこ

予定日を過ぎても生まれる兆候が全くなかった私。その夜もいつも通りにすごして、さあ寝ようか・・・という時、何だかいつもと違う腹痛があったのでトイレに行くと、破水していました。時間は深夜1時半。そこから病院へ電話し、入院となりましたが、あれよあれよという間に陣痛が進み、午前8時29分に誕生となりました。産まれた瞬間は、感動した、よりも先に「もうこれで痛くないんだ!」といううれしさでいっぱいでした(^^;)。アドバイスとしては、陣痛の際、とにかく呼吸法をきちんとすることが大切です。私の場合ですが、そうすることで痛みによるパニック状態から逃れられ、負担も少しは軽かったのかな?と思います。ともあれ、ちゃんとなるようになります!案ずるより産むが易し、ですよ!

東京都:たえきっつぁん

初めての出産を控えたある時、出産経験のある姉から手紙が届きました。手紙には励ましの言葉が書かれていて、その中で印象に残った一文に「赤ちゃんは頭の骨までずらし、痛い思いをしながら、未知の世界に生まれてこようと頑張っているんだから、母親になる○○(私の名前)が弱音を吐いていたら、赤ちゃんもその分苦しくなると思って頑張って!」とありました。実際分娩の際には、私が「痛い」と一言言うたびに、赤ちゃんが苦しむんだと思うと精神的に強くなって、痛みに耐えることができました。初めての出産は不安もたくさんあると思うけど、痛みに打ち勝つつもりで皆さんに頑張って欲しいです。

神奈川県:みかたん

陣痛中、痛みがこない時間に、生まれてくる子どもへのメッセージを残しました。それは、お産が絶対に安全なものという保証がないというところからです。でも、そういう覚悟の上であなたを産みましたということも伝わるのではないかと思うし、それを見るたびに、子どもを産んだときのことを思い出すことができます。

宮城県:み〜

当時、20歳で出産したのですが、母親学級など行くのが嫌で行かず、何もわからないままの出産でした。出産時の呼吸法なども全くわからない私のあまりの姿に、助産師さんから「母親学級に行かなかったの!!」と怒られてしまいました。今考えても、若い時は無謀なことばかりしてきたなと反省しています。皆さんは、やはりちゃんと勉強をして、万全の準備をしてから是非出産してくださいね。

愛知県:なおママ

初産なのにスピード出産しました。つわりで入院、切迫流産、切迫早産、安静など、楽な妊婦生活ではありませんでした。が、痛い思いをしたのは3時間で、安産で良いお産とのことでした。赤ちゃんに対して心配と不安ばかりだったのですが、今はかわいくて仕方ありません。ただ、早すぎて夫の立会い出産が間に合いませんでした。初産でも早めに来てもらうことをお勧めします。

埼玉県:そらじろう。

とてもスムーズなお産でした。姉のソフロロジー式のお産のビデオを見せてもらってからのぞんだので、出産は声は出さないものだと思っていました。テレビで叫んでいるお産を見たことはありましたが、実際はそんなに叫ぶようなものでもなく、痛くても我慢できる痛みでした。産んだ後「2人目かと思ったわ。随分落ち着いていたから」と看護師さんに言われました。

update : 2018.10.01

  • お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。
    また、iPhone、iPadのSafariにおいては「プライベートブラウズ」 機能をオフにしていただく必要があります
  • cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。

Share