夜中の授乳(調乳)いつまで?

夜中の授乳(調乳)いつまで?

夜中の授乳(調乳)いつまで?(体験談編)

※ユニ・チャーム調べ:2019年1月9日~2019年2月13日に実施したアンケートより(1002名のママが回答)

眠い中での授乳・調乳は大変なことも多いですよね。先輩ママたちは、授乳しやすいようにマタニティパジャマを着たり、調乳の手間を省くために枕元にミルクを作るセットを準備しておいたり、少しでも負担が減らせるようにいろいろと工夫しているようです。ぜひ、体験談を参考にしてみてください。

北海道:北海道、ぽん

ソファに授乳クッションやブランケット、スタイをあらかじめセットして、寝る前に搾乳をして、起きた時に胸がパンパンに張らないようにすると、少し負担が軽減されました!

福島県:もんちママ

すぐに授乳できるし、子どもの異変もすぐにわかるように、同じ布団に一緒に寝ています。夜は授乳ブラと授乳用のパジャマを着て、枕元には自分が冷えないように、添い乳してるとき用のブランケットを置いてます。

千葉県:なそママ

ほぼ母乳で育てていましたが、寝る前だけ一度ミルクを足すことで腹持ちを良くして、夜中の授乳を減らしていました。また、朝決まった時間にカーテンを開け日光を浴びさせ、夜も決まった時間に電気を消すことで生活リズムが身に付いたようで、生後4~5ヶ月頃には夜中の授乳は1回程度で済むようになりました。

宮城県:105

やっぱり疲れているし、起きるのがつらかったです。陣痛と同じで、「必ず終わる!」「夜中の授乳は今だけ!」と、自己暗示をする毎日でした。夜中に、全然起きてくれない夫を見て、「起きる私ってすごい!」と自分で自分を褒める技術も習得しました。

大変だったけれど、今は起きなくなったから、「たまには起きて、ママと二人でまったりしようよ」と寝顔をみて思う時もあります。

大阪府:むーこ

双子だったので、いかにすばやくミルクを飲ませて寝るかが勝負でした。一人が泣いたら、もう一人も起こして一緒にミルク。湯冷ましを作っておいて、すぐに適温になるように調乳して与えていました。もう懐かしいですね。当時は本当に大変でしたけれど。

神奈川県:あゆてぃん

自分の好きな音楽を小さめのボリュームでかけて、聴きながら授乳していました。ついつい「早く寝てくれ!」と焦りがちになる気持ちを、音楽が和らげてくれたと思います。1歳になる頃に保育園に預ける予定もあり、卒乳しました。

当時は無我夢中で周りからの「授乳は今だけの幸せ!」と言う言葉は耳に入りませんでしたが、今となっては母親と子どもだけが感じられる、とても愛おしくて親子にとってとても大切な時間だっだと思いました。

山梨県:もも

夜中の授乳は、母乳を搾乳しておいて、旦那でもあげれるようにして、交互に起きるようにしています。あとは22時ぐらいになったら電気を薄暗くして、0時には真っ暗にすることを徹底して繰り返して、生活リズムを作りました!そうするとだんだん長く寝るリズムができてきました!

福井県:ごち

完全母乳でした。生まれてからしばらくは夜間の授乳もしっかり起きてクッションを使い授乳していましたが、生後半年以上経っても授乳間隔が空いてこなかったので、添い乳をすることにしました。夏場だったので、布団も掛けずにおっぱいを丸出しで寝落ちすることもしょっちゅうでした…笑。

福岡県:3児の母ちゃん

だらだら飲みをさせないためにも、乳首のためにも、しっかり深くおっぱいをくわえさせています。そうすると、一生懸命短時間で飲んでくれるので赤ちゃんは疲れてすぐに寝てくれるし、私の寝不足解消にもなります♪

とはいっても、どれだけ飲ませても、21時前後の授乳後だけは必ずグズられます(´△`)。本人の中でも何かあるんでしょうねー。体内時計が正確すぎる(笑)。

update : 2019.03.13

  • お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。
    また、iPhone、iPadのSafariにおいては「プライベートブラウズ」 機能をオフにしていただく必要があります
  • cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。

Share