おっぱいとミルクについて

おっぱいとミルクについて

おっぱいとミルクについて

※ユニ・チャーム調べ:2015年3月11日~2015年4月8日に実施したアンケートより(818名のママが回答)

データ編

完全母乳で育てたと答えたママは37%、母乳とミルクを併用している、ママは46%でした。母乳は赤ちゃんにとって完璧な完全栄養食ですが、いまはミルクも母乳の成分に近づけて作られていますので、十分な量の母乳が出ないときや、夜間は腹持ちのよいミルクを飲ませるなど、状況に合わせて使い分けるのも良いですね。おっぱいやミルクを与えるときに経験したことについては、「おっぱいがカチンコチンになって痛む」と答えたママが一番多く、52%でした。冷やすと痛みが和らぐことが多いですが、直接保冷剤を胸に当てるなどして急激に冷やすと母乳が出にくくなってしまうこともあるので、おだやかに冷やすようにしましょう。

お子様を育てる際、おっぱい(母乳)とミルクはどうしましたか?

お子様を育てる際、おっぱい(母乳)とミルクはどうしましたか?

おっぱいやミルクを与えているときに経験したことを教えてください。

おっぱいやミルクを与えているときに経験したことを教えてください。

体験談

赤ちゃんがおっぱいやミルクを飲む姿は、本当にかわいくて見ているだけで幸せになれますよね。けれど、思うようにおっぱいがでなかったり、逆にですぎたり…悩むことも多いようです。「悩んでいるのは自分だけじゃないんだ」と思うことで気持ちが楽になることもあるかもしれません。ぜひ、先輩ママたちの体験談を参考にしてください。

大阪府:みーちゃんママ

お腹が空くと、もうおっぱいしか眼中にないような必死さで欲しがる子どもが、可愛くてたまりません。鼻息を荒くして、一生懸命飲み始める姿を見たら、どんな疲れも吹っ飛びます。よくおっぱいだけで、こんなに大きくなったね。これからもスクスク元気に成長してね。

愛知県:sakura

ミルクを飲ませている途中で、お腹がいっぱいになって安心してなのか、すやすや眠ってしまう姿がとても愛おしかったです。早く飲ませて家事などをしたいと思う反面、可愛いわが子を抱いていたいと思う気持ちもあり、あの時は大変だったと思いますが、今思えばとても幸せな時間でした。

大阪府:まゆうせいママ

1人目も2人目も、産後1ヶ月ほどで母乳がよく出るようになったと感じました。片側だけ陥没乳頭なので、1人目のときは特に最初が大変でした。諦めずに両方のおっぱいであげていたら、両方ともよく出るようになりました!たまに切れたりして片方だけであげていると、おっぱいの大きさが左右で全然違うことに…!両方バランスよくあげないとな~と思いました。

東京都:まなてぃ

乳首を浅くくわえさせたまま授乳を続けていたら、乳首が切れてしまいました。直接おっぱいをあげることができず、しばらく搾乳したものを哺乳瓶であげることになりました。授乳時間が倍かかり大変だったので、深くくわえさせるんだったと後悔しました。

岐阜県:メア

おっぱいが出るようになって、完全母乳にしていたら、ミルクを飲まなくなってしまって大変でした。どうしても預けてでかけなければいけないことがあった時、1週間かけてミルクに慣れさせました。

三重県:りん

完全母乳でしっかり量は出ていたものの、赤ちゃんがなかなか正しい吸い方で吸うことができず、ちゃんと吸えるまで20分くらいかかることもありました。お腹がすいて赤ちゃんは大泣きするし、私もイライラしてしまうし…。それが左右のおっぱいでそれぞれしなければならなかったので、きちんと吸えた頃にはヘトヘト…。けれど、4ヶ月たった今は上手に一発で吸えるようになりました。

奈良県:あゆママ

長男は歯が生えるのが早く、授乳中に噛んでくるのが本当に痛くて…。胸が服に擦れるだけでも痛くなり、何度も嫌になりました(>_<)。それでも甘えん坊はなかなか離れてくれず。血が出るほどひどくなったのでドクターストップ!意外とあっさり哺乳瓶を受け入れてくれたので、最初から混合にすればよかったなぁと後悔(笑)。

早くおっぱいから離れてくれないかなーと思っていたけれど、いざ卒乳するととっても寂しかったです。そんな長男も、もうすぐお兄ちゃんになるので、「ぼくがミルクあげる!」と張り切っています(^^)。

長崎県:紫柚莉

出産したら誰でもおっぱいが出るものだと思っていたら、なかなか出なくて、どうしたらいいのかとネットで情報を探しまくりました。なんとかおっぱいだけで頑張りたいと、1日に20回以上もあげていましたが、それでも泣きやまず。仕方なくミルクをあげるときは、罪悪感や敗北感のようなものに押しつぶされそうになり、ミルクを飲んでぐっすり寝ている子どもを見ては、出ないおっぱいを責められているような気持ちになり、悲しくて泣いてばかりで、鬱みたいになっていました。

街中で知らない人に「おっぱい飲んでるの?」と聞かれたり、親戚などの言葉にもいちいち傷ついて、ボロボロでした。でも離乳食が始まると、そのことに気持ちがいき、あんなに苦しんでいたのが嘘みたいに消えてしまいました。おっぱいであれミルクであれ、成長は人それぞれ!どっちでもいいんだと伝えたいです。

福岡県:ルイママ

1日に何度も泣くので、おっぱい以外にミルクを何度も与えすぎてしまい、1ヶ月健診時には、医者からミルクを与えすぎと注意を受けました。赤ちゃんが口をパクパクするから、お腹が満たされていないとばかり思いあげてしまっていたのですが、あやうくメタボな赤ちゃんにするところでした。

宮城県:ともももも

吸っている姿が可愛い☆今のこの子にとっての栄養源はおっぱいだけなんだと思うと、おっぱいの栄養はすごいなぁと実感しました。

岡山県:ぞうさん

産前に乳頭マッサージをしていなかったので、最初の頃は授乳する時、乳首が痛くて泣きそうでした。けれど、赤ちゃんがおっぱいを飲んでいる姿が可愛くて、なんとか頑張れました。2ヶ月半たったら乳首が柔らかくなったみたいで急に痛くなくなり、それからは授乳しているときが、とても幸せな時間になりました。

青森県:リッキーママ

冬、夜中の授乳が辛いです。寒い、眠いのダブルパンチ。そんなときは「この瞬間にも、自分と同じような思いで授乳しているお母さんがたくさんいるんだ」と自分に喝を入れて乗り切る!子どもが大きくなって反抗期や思春期を迎えると、「赤ちゃんの頃にもどって~」なんて思うんだろなと、授乳できる貴重な今をエンジョイする(´▽`)ノおっぱいが出るのは母親だけ。辛さも幸せも私だけの特権だと思うと毎日が幸せです。

大阪府:ミドリムシママ

おっぱいの出が良すぎて、赤ちゃんが口から乳首を離した瞬間、ピューっと母乳が飛び出て赤ちゃんの顔にかかりまくってしまい、目にも入ってしまって焦りました。でも、赤ちゃんはなぜがゲラゲラと笑っていました。笑。赤ちゃんが笑ってくれたので安心しました。

兵庫県:mikuまま

おっぱいがかなり出るほうだったのか、外出などでミルクをあげて、おっぱいをあげない時間が長くなるとすぐに張って、母乳パットもビチャビチャで、気をつけないと服に滲んでいたこともあり恥ずかしかったです。6ヶ月の時に第二子を妊娠し、完全母乳からミルクに切り替えたのですが、ミルク代がかなりかかることにびっくり!母乳はすごく節約になります!笑。

長野県:こりす

母乳の出が良すぎてピューッと遠くまで飛ぶ時があるほどで、子どもがむせてしまうこともありました(^^;)。月齢と共に飲み方も上手になるし、母乳の量のバランスもとれてきて自然に解決しましたが、しばらくは飲ませる前に少し絞って圧を抜いたりしていました。

母乳が出て、子どももしっかり飲んでくれるのはありがたかったですが、ミルクは完全拒否、母乳を絞って哺乳瓶で飲ませようとしても怒り、おしゃぶりも怒って投げ捨てるくらいおっぱいじゃないとイヤな子です(^^;)

埼玉県:にゃんころ

おっぱいをあげてる時に泣いて飲んでくれない時があり、何で泣いているのか分からなかったのですが、ある日、授乳中泣いてる時にゲップがでで泣き止み、その後は飲んでくれました。それからも、授乳中に泣いたらゲップをさせるようにしたら泣き止むので、ゲップがうまくでなくて泣いていたことが分かり、授乳がしやすくなりました。

岐阜県:asir

出産の痛みも相当でしたが、おっぱいがつまることが本当に辛かったです。いつつまるか分からない恐怖で、本当に母乳育児を続けることに心が折れそうでした。1ヶ月ほどでつまりは治まったのでよかったのですが、その後もつまらないかずっとビクビクしていました。出ないのも辛いと思いますが、出すぎてつまるのは出産の痛みよりも恐怖です。

茨城県:ゆう

完母だったので、食事には気をつけました。そうしないと自分が痛い思い(乳腺炎)をするし、赤ちゃんにおいしい母乳を飲んで欲しいと思ったので。

神奈川県:ふうり

飲んだら吐く。必ず吐く。タラタラではない。ドバっと吐く。「どこか悪いんでしょうか?」あまりにひどいので保健師さんなどに会うたびに聞いていました。でも、「体重は順調に増えているので、吐きやすいだけよ。大丈夫よ」とのお言葉。飲みすぎで吐いているだけなら、まぁいいか、と安心した新米母でした。ある日、いつものように寝起きの一杯を飲み終わった娘。

数秒後に、どばばばしゃーー!と、噴水のように吐きました。その量は座布団1枚分。娘はというと、飲みすぎた分を出して、すっきりご機嫌。なんともないから良かったのですが、飲みすぎっぷりすごすぎるよと、開いた口がふさがりませんでした。

愛知県:あやまま

娘はおっぱいを飲んで、もういらなくなると下唇をぴゅっと出していらないサインをくれます。おっぱいを飲みながら寝ちゃった時もいらなくなると、ぴゅっと下唇を出します。この前、娘が寝ている時に口をモグモグ動かして最後に下唇をぴゅっと出しました。おっぱいを飲んでいる夢を見ていたのかなと、いとおしい気持ちでいっぱいになりました。

大阪府:ゆき

生後2ヶ月頃まではよく吐いていました。なので、おっぱいをあげた後30分ほどずっと縦抱っこをしておかなければならなかったので、夜中の授乳は本当にしんどかったです。おっぱいをあげた後、縦抱きでしばらくいて、やっと寝れると思ったら次の授乳の時間…の繰り返しで全く寝られない日もありました。過ぎてしまえば良い思い出です。

石川県:am830

最初は、おっぱいが出過ぎて、子どもがむせて飲めないほどでした。授乳の前と後に、自分でしぼって量を減らしてから、子どもに吸わせていました。また、夜、自分が寝返りをしておっぱいを圧迫してしまい、目が覚めるとシーツがぬれていることも頻繁にありました。やっと生後4ヶ月頃に、おっぱいの作られる量がちょうどよくなり、少し楽になってほっとしています。出産するまで、こんなに授乳が大変だとは思っていませんでした。

北海道:りんママ

哺乳瓶を持った瞬間、一気に飲み干し満足げな顔をしていたことが思い出に残っています。乾杯してビールを一気に飲み干す、世のお父様方のようでした。

大阪府:チョコちゃんのママ

最初は全然おっぱいが出なくて、1ヶ月健診まではほとんどミルクに頼っていました。出ないながらも吸わせる回数を増やしていたら、徐々におっぱいが出るようになってきて、3ヶ月頃にはほぼ母乳になりました。最初は授乳後におっぱいがチクチク痛くなったり、乳首が切れそうになって母乳で育てるのを諦めかけたけれど、おっぱいを吸わせ続けていくうちに痛みもなくなり、今となっては母乳で育てられて幸せを感じています。

神奈川県:ミニオリーブ

現在7ヶ月になる娘がいますが、おっぱいを一生懸命飲んでいる姿がとても好きです。離乳食も順調で、1歳になったら卒乳を考えていますが、ビデオでも撮って残しておきたいくらいです。夜中の授乳は眠いし、大きな声で泣き続けるとこちらも泣きたくなりますが、このおっぱいを飲んでいる姿は私を幸せな気持ちにさせてくれます。

兵庫県:りらこ

おっぱいをあげている時の、眠そうなとろ~んとした表情が好きでした。歯の生え始めは「痛っ!」と叫んでしまうぐらい噛まれることがあり、血も出たりして辛かったですが、何日か耐えると落ち着きました。

神奈川県:れんとママ

特にお腹が空いている時は、勢いよくおっぱいにしゃぶりつきます。おっぱいでは足りない場合にミルクを足していますが、ミルクを飲みきった時には満面の笑みがこぼれます。前日に甘いものや辛いものを食べた時のおっぱいは美味しくないようで、イヤイヤをして飲みたがりません。赤ちゃんは味に敏感なのかもしれません。

静岡県:nanami

妊娠10ヶ月で、乳頭マッサージをしました。オリーブオイルでこるすだけで垢が出て、今まで色素沈着と思っていたのが垢でショックでした。マッサージをすると、ジワジワ母乳らしき液が出てきてびっくり。乳輪にも凹凸が目立ち、そのうちの何ヶ所からか、まっしろな膿のような、母乳のかすのようなものがムニュムニュとニキビみたいに出てきて、それもとても気持ち悪いと思ってしまいました。

きっと乳腺炎になると、膿みたいなニキビみたいなのが線に詰まるのだろうとイメージできました。

東京都:なおぺ

久しぶりに美容院に行くために、パパに赤ちゃんとミルクを預けてウキウキで出かけましたが、おっぱいがパンパンに張ってとても辛かったです。1人の時間でリフレッシュするはずか、痛さでそれどころではなかったです…。トホホ。

埼玉県:まいまい

母乳だけで体力的に疲れてしまった時はミルクに頼ったり、夜はミルクのほうが腹持ちがいいのでミルクにしたりしていました!

update : 2018.10.01

  • お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。
    また、iPhone、iPadのSafariにおいては「プライベートブラウズ」 機能をオフにしていただく必要があります
  • cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。

Share