マタニティ期のエクササイズ

マタニティ期のエクササイズ

マタニティ期のエクササイズ

※ユニ・チャーム調べ:2016年3月9日〜2016年4月13日に実施したアンケートより(891名のママが回答)

データ編

マタニティ期のエクササイズについて、実際にどのようなことをしていたのか伺ったところ、圧倒的に人気だったのが「ウォーキング」で61.6%。続いては「ストレッチ」32.1%と、日常生活の中で手軽に取り入れられるものが人気でした。一駅分多く歩く、家でテレビを見ながらストレッチなど、負担にならない程度からはじめると良いかもしれません。マタニティ期のエクササイズをはじめたきっかけは、「体重管理のため」57.2%、「安産のため」51.0%、「出産に向けた体力維持のため」34.2%となり、出産をスムーズにできるように努力しているママたちの様子が伺えました。赤ちゃんと出会えるときのことを考えると、楽しんでエクササイズができそうですね。

マタニティ期にしていたエクササイズについて教えてください。

マタニティ期にしていたエクササイズについて教えてください。

どんなきっかけではじめましたか?教えてください。

どんなきっかけではじめましたか?教えてください。

体験談

お腹が大きくなって動きづらく、つい運動不足になっているというママも多いのではないでしょうか。無理は厳禁ですが、体調の良いときは、体重管理や体力維持のためにも良いエクササイズ。先輩ママの体験談を参考に、自分に合った方法をぜひ見つけてください。

静岡県:ひろミッキー

クリニックで主催しているマタニティヨガとマタニティビクスに、それぞれ2週に1回のペースで参加しました。体重管理や自分のリフレッシュ、健康維持をかねての参加でした。友達もできたし、楽しかったし、参加してよかったです!

東京都:かずたん

つわりも少なく食欲もあったので、体重管理は大変でした。スーパーの買い物を隣駅にして20分かけて歩きました。ラジオ体操はどの筋肉が使われているかなどを考えながら行うと、結構疲れるし、よく考えられた運動だと実感しました。おすすめです!体調を考えながら無理せずというのが1番です。疲れている時はやらない判断も大事で、自分の体と向き合うという気持ちで行うのがいいと思います。

愛知県:こはるんママ

仕事をガッツリしていたので、特にヨガに通ったりはなかったですが、温かいお風呂に毎日浸かり、出たあとは必ずストレッチをしていました。主人と一緒に行うことで、主人に1日の出来事を話したり、お腹の調子や自分がして欲しいことなどをゆっくり話すことができ、とても安心して毎日過ごせましたし、気持ちが一番安定した状態で出産を迎えられたと思います。

広島県:Mari

家にいると、精神的につらくなってきて、外に出ました。歩くと気持ちが明るくなって、気持ちがよかったです。そして、健康的に赤ちゃんを産むことができました。

北海道:たんたん

家にいると暇なので、ヨガやマタニティビクスをしてリフレッシュしています。食べ過ぎには注意をしていて、ご飯炊くときは白滝を混ぜて炊いてます。

新潟県:るるの

妊娠中から「体を動かして体力をつけた方がいい!」という情報を聞いていたので、「とにかく動かなきゃ!」と思っていたら、動き過ぎたのか、まだ臨月でもないのに赤ちゃんが下がって来てますと言われ……。そのまま早産で産まれてしまいました(汗)。赤ちゃんは元気でとても安産だったのですが……動き過ぎには注意ですね(^_^;)

茨城県:ゆーえ

「しっかり運動をしなきゃ!」と意識しながらだと、続かないとわかっていたので、よくショッピングモールやアウトレットなどに行って、「買い物をしながら自然にたくさん歩く!」というのをやっていました。これならストレスも解消できるので、無理なく楽に自然とエクササイズできました!ちなみに妊娠前の体重+9キロで出産!


子宮口も37週の健診で2センチほど開いていて、特に運動といった運動をしていないと言ったら、お医者さんにも驚かれました。お産も初産なのに3時間という超安産でした♫

東京都:チット

自分の体と相談しながらのエクササイズは、ちょっと大変でした。頑張るとお腹が張るし、やらないと体重が増えちゃうし。食事制限も一緒にやらないとだし、なかなか厳しいものです。

静岡県:きらら☆

プールでのウォーキングは、膝にも負担がかからず、おすすめです。道路で歩くより、股関節を意識した歩き方や手の振り方が大袈裟でも恥ずかしくないので良いと思います。

埼玉県:合キン

ヨガやマタニティビクスは、産院で無料でやっていたので参加していました。でも毎日は実施していないので、お風呂で湯船に浸かりながら足のマッサージをしていました。これは天気が悪くても、体調があまり優れないときでも簡単にできるのでおすすめです。

愛知県:愛知県なっち

お腹が空いたらこんにゃくゼリーで満たして便秘解消!水分補給をして、ヨーグルトを食べて、とにかく便秘対策をしていました。ウォーキングで体力作りも忘れずに…。夏だったので暑くて大変でした。

神奈川県:そーママ

もともと運動が嫌いなので、産休に入ってから家でゴロゴロしていました。出産後、赤ちゃんのお世話で全身筋肉痛になり、起き上がるのも一苦労。もう少し体力をつけておけばよかったなと思います。

鹿児島県:たっくんまま

股関節の運動が出産の時に役立つと聞き、毎日、散歩や股関節を意識したストレッチを行いました。妊娠中期以降は、運動すると胎動を感じるようになり、赤ちゃんと一緒にエクササイズを楽しんでいるようで、とても楽しく運動できました。

宮城県:あらなつまま

最初はエクササイズを頑張っていたけれど、途中から気にしなくなってしまいました。体重維持のためというより、子育てに向けて体力維持のためにやればよかったです。

兵庫県:K

保健センターの母親教室でヨガを教えてもらいました。体の中のもやもやを吐き出し、気持ちのいいこと、きれいな空気を吸い込みながら赤ちゃんを感じるというもの。すごくリラックスできて、よかったです。気分転換にもなるのでヨガはいいと思います。

北海道:あや

妊娠後期でお腹が大きくなってくると、腰痛や肩こりが出てきていたので、寝る前に数分、好きな音楽を聞き、キャンドルを灯してリラックスできる空間を作り、ストレッチをしていました。また、便秘予防のために、シリアルや野菜など、食物繊維をよく摂るようにしていました。赤ちゃんにカルシウムを持っていかれて歯や骨が弱くなるので、食品の栄養の欄は必ずチェックし、カルシウムや鉄分、葉酸などが多いものを選ぶのがいいかと思います。

愛知県:おはぎ少佐

初期は切迫流産、後期は切迫早産とトラブルに見舞われたため、エクササイズは全くしていません。ただ、妊娠後期は入院をしていたため、管理された病院食のおかげで、体重の増加は思ったよりなく、健康的に過ごせました。

東京都:ごんご

買い物や妊婦健診に行くのに、バスには乗らずひたすら歩いていました。体力作り、健康維持が主な目的でしたが、バス代の節約にもなりました。体重管理のために普段の食事は節制していたのですが、月1、2回好きなものを食べる日を決めていたので、「節約できたバス代であれを食べよう!」と言った楽しみができて励みにもなりました。

東京都:みみみ

長男の時は切迫気味だったけど、職場の上司に「妊婦は動かないとダメよ」と言われ、無理していたら、結局入院&早産でした。帝王切開では縦に切られてしまうし、子どもはしばらくNICUに入ることになり、とてもつらい思いをしました。なので次男の時は、自分は動かない方がいい妊婦なんだと自覚し、エクササイズもしませんでした。

人によって体質はそれぞれです。ですので、エクササイズや体重管理も、まわりがやっているからと無理しない方がいいと私は思います。

広島県:広島県ゆーみん

安定期に入ってから、ヨガをしていました。リラックスのためもあるし、呼吸法が出産によいと聞いたからです。通ってもいましたが、家でも毎日マタニティヨガのDVDを見ながらやっていました。あと、後期になっても、よく和式トイレを使っていました。そのおかげか、初産で陣痛が始まってから4時間で産まれてきてくれました。楽しい妊娠期間を送ることができました。

東京都:かぶらずし

つわりが出産するまで終わらず、スイミングなどのしっかりとしたエクササイズはやってみたくてもできませんでした。ただ、病院に股関節の堅さを指摘されたため、寝起き、寝る前、テレビを見ている間など、1日数回柔軟ストレッチの時間をとりました。安産でした。

広島県:ゆう

気がついたら体重が増えてることにびっくり!近所をウォーキングしていました。赤ちゃんが生まれたら散歩したいなぁと思いながらどんな道があるのか、探索しながら運動するようにしていました!

神奈川県:まかるな

2児の母です。食べ悪阻で、初期からとにかく体重が増えていきました。安定期に入った5ヶ月頃から、自宅でDVDでマタニティヨガを始めました。体重管理やストレッチはもちろん、呼吸法がとても役に立ちました!心身ともにリラックスできて、呼吸の仕方でこんなに違うんだと実感しました。

岡山県:りーー

食べつわりで妊娠初期から体重が増えすぎてしまったため、ウォーキングを始めました。1日に1時間を目標にしていたけれど、ウォーキングを始めたころは30分くらいで疲れていました。1週間くらい続けたら1時間歩いても平気になりました。

大阪府:そうママ

もともと体力には自信がなく、無事に産めるか本当に心配でした。ヨガをはじめてから、同じ週数くらいのママさん達と会う機会ができ、同じような不安を抱えている人も多いとわかって少し安心しました。何よりも無理なく体をリラックスさせることができたことで、憂鬱になりがちなマタニティ期も乗り越えることができました。増えがちな体重も気にしながら生活するようになったのもヨガをはじめてからです!

神奈川県:りっさ

悪阻が収まり安定期に入ると一気に体重が増加しました。歩いてみても1人だと話し相手もいないのですぐに家に戻ってしまい、なかなか続けることができませんでした。年明けからは早めの夕食を終えて、夜に旦那さんと毎日1時間程度のウォーキングをすることにしました。歩きながら生まれてくる我が子の話をしたり、週末の予定を立てたり、とても有意義な時間を過ごしながら順調に体重管理もできています。

大阪府:チサブー

仕事をしていたので、興味があったヨガなどにも挑戦することができず、産休に入ったらしようと心に決めてました。産休に入って日程を確認して1度くらい試してみようとその日を楽しみにしていたら、産休に入ってすぐに出産の日を迎えることになりました。色々と準備して初めての出産に臨みたいと考えていたけど、なかなか思い通りにいかないのが出産なんだな、日頃からの体調管理が大切だと身にしみました。

三重県:三重県かずやん

妊娠初期から食べづわりで体重がどんどん増えてしまい、医師から注意を受けていたので、歩いたり出かけたりをよくしていました。しかしお腹が張りやすい体質だったため、妊娠後期はずーっと安静で、結局切迫で1ヶ月間入院に…体重も最終17キロ増でした(^^;

埼玉県:あんこ

仕事をしていたので思うように時間が取れなかったため、毎日の通勤で駅までの15分間を行き帰り歩くようにしました。つわりもなく食欲もあったので、太るかなと思いましたが、なんとか範囲内の体重維持ができてます。

埼玉県:りんりん

臨月には階段昇降が効果的と聞いて、近所の歩道橋を何往復もしました。何度かマタニティーフォトを撮ってもらい、体重管理のモチベーション維持に役立てました。

update : 2018.10.01

  • お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。
    また、iPhone、iPadのSafariにおいては「プライベートブラウズ」 機能をオフにしていただく必要があります
  • cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。

Share