生後9ヶ月の成長・発達「いないいないばあの、ここがすごい!」

生後9ヶ月。このころの赤ちゃんにとって、「いないいない、ばあ」は、鉄板。高度な発達があってできる遊びです。「いないいない」で顔を隠したそのあとに、「ばあ」でおもしろい顔が出てくる…というダンドリを記憶する力や想像力、予測力、期待する気持ちなどが、育まれたからこそできるのです。「いないいない、ばあ」って、すごいこと! 子どもの体と心の発達研究の第一人者、榊原洋一先生の解説付きです。

監修者プロフィール

榊原洋一先生

お茶の水女子大学名誉教授

医学博士。1976年東京大学医学部卒業後、ワシントン大学小児神経研究部、東京大学医学部附属病院小児科などを経て、お茶の水女子大学理事・副学長。2017年より現職。「子ども学」の研究所「チャイルド・リサーチ・ネット」所長、日本子ども学会副理事長。専門は小児神経学、発達小児科学、特に注意欠陥多動性障害、アスペルガー症候群などの発達障害の臨床と脳科学。今後の活動について、「発達障害には様々な誤解があるので正しい理解を広げていきたい」と語る。『オムツをしたサル』『アスペルガー症候群と学習障害』など著書多数。

「ばあ」で何が起こるか、知ってるよ!

パパが両手で顔を隠して

「いないいな~い」

って いったんだ

なになに?

その手の後ろに

パパの顔があるのを知っているけど

すこ~しすると

「ばあ」と言いながら

両手を開いた

パパはおかしな顔をしていたよ

びっくりしたなあ

お姉ちゃんが両手で顔を隠して

「いないいな~い」

知っているよ! この遊び

「ばあ」で

へんな顔が出てくるんだよね

わくわくしながら

待っていると

「ばあ」

お姉ちゃんは あかんべをしていた

ほら 思ったとおり

うれしくなって

きゃっきゃっと笑っちゃった

Dr.サカキハラの「いないいないばあの、ここがすごい!」

記憶力、想像力、予測力の発達でできる、高度な遊び

生後9ヶ月ごろになると、親の視線の先、指さした先の「食べ物」や「花」や「犬」や「お月さま」など、いっしょに同じものを見て、気持ちを共有することができるようになってきています。「ジョイントアテンション」と呼ばれる社会性です。また、この人は「知っている人」で、知っているお母さんが「怖い顔をしている」「笑っている」ということがわかるようになります。

たとえば、「かわいいね」とにっこり笑って話しかけられたときや、「新聞はなめちゃダメよ」とメッという顔でお母さんにいわれたとき、言葉よりも表情を見て、相手の気持ちを理解するようになるのです。

「いないいないばあ」も、こうした成長発達が基礎になっている遊びです。初めてやるときは、びっくりするかもしれません。でも、次に「いないいない」というと「例のあれだ」、そのおまじないの言葉の後にちょっと待っていると、「知っているお母さんの顔が出てくるぞ」と、期待して待っている。だから、「ばあ」で顔を見せると、「あ、きた」と喜ぶわけです。

これはダンドリを記憶する力や想像力、予測力、期待する気持ちが育まれたからこそできる、高等な遊びです。そこまで発達していない、月齢の小さい赤ちゃんに「いないいないばあ」をやっても、きょとんとされるだけでしょう。

このころになると、目の前にあるおもちゃに布や箱をかぶせて隠しても、それを取って見つけられるようになります。視界から消えても、布・箱の下に存在しているという「物の永続性」は、発達心理学者のベイラージョンらの実験で、生後5ヶ月半でも、ある程度認識していることが示されています。

でも、布で隠したおもちゃを発見するには、物の永続性だけでなく、おもちゃがそこにあることを覚えている、短い記憶力も必要です。これらが備わってくると、布でおもちゃを隠したあと、取って「あった」と見つける遊びもできるようになります。

update : 2018.05.09

  • お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。
    また、iPhone、iPadのSafariにおいては「プライベートブラウズ」 機能をオフにしていただく必要があります
  • cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。

Share