生後12ヶ月の成長・発達 「生理的な早産の、ここがすごい!」

1歳のお誕生日、おめでとう! この1年、おっぱい、ミルク、おむつ、お風呂、ねんね……に明け暮れたお母さん、お父さん、お疲れさま! でも、こうして赤ちゃんに手がかかったからこそ、言葉や社会性が育ってきたのです。「生理的な早産」って、すごいこと! 子どもの体と心の発達研究の第一人者、榊原洋一先生の解説付きです。

監修者プロフィール

榊原洋一先生

お茶の水女子大学名誉教授

医学博士。1976年東京大学医学部卒業後、ワシントン大学小児神経研究部、東京大学医学部附属病院小児科などを経て、お茶の水女子大学理事・副学長。2017年より現職。「子ども学」の研究所「チャイルド・リサーチ・ネット」所長、日本子ども学会副理事長。専門は小児神経学、発達小児科学、特に注意欠陥多動性障害、アスペルガー症候群などの発達障害の臨床と脳科学。今後の活動について、「発達障害には様々な誤解があるので正しい理解を広げていきたい」と語る。『オムツをしたサル』『アスペルガー症候群と学習障害』など著書多数。

はじめてのハッピーバースデー

「お誕生日おめでとう」

パパ ママ おじいちゃん おばあちゃん

みんなが笑っているから

うれしくなってニコニコした

目の前にはおおきなケーキ

ママが好きなやつだよね

その上に火のついたロウソクが1本

「ふー、ってできるかな?」

パパが口をとがらせながら

息を吹き出して見せてくれた

マネしてみたけど息は出ないよ

「1歳だよ」

人指し指を立てて

おじいちゃんがいった

「親として1歳ね おめでとう」

おばあちゃんがにっこり

そんなことより

やっぱりケーキが気になる~

身を乗り出して

ケーキに手を伸ばすと

ぺちょ~とやわらかい感触がした

手についたぺちょ~をなめてみた

この味は はじめましてだね

トリコになりそう~

Dr.サカキハラの「生理的な早産の、ここがすごい!」

未熟だから手がかかる。だから言葉や社会性が発達する

生まれたばかりは受動的に見えた赤ちゃんが、1歳になると、平均的にですが、立って歩いて自分の意思で移動し、離乳食も食べ、コミュニケーションの方法として、言葉を理解して話し始めます。手も使い、人間として基本的な生活を身に付けるようになるのです。

他の哺乳動物を見ると、馬や牛は生まれて1時間で立って歩き、自分でおっぱいを飲みに行きます。でも人間の場合は、おなかの中でその時期まで待っていると、赤ちゃんの頭が大きくなって、お母さんの骨盤を通れなくなります。

ですから、頭が骨盤を通れる、かつ自分でおっぱいが飲めるぎりぎりの段階で、外に出してしまう。それが人間の出産なのでしょう。そのため、人間は他の哺乳動物に比べて、生理的な早産で未熟な状態で生まれてきます。

未熟なので、おっぱいを飲ませたり、声をかけたりして、育てなければいけません。しかし、その結果として、親子が一緒にいる緊密な時間が生まれます。それが言葉や社会性を伝達する期間となっているのです。

親の鳴き方をまねて鳴く小鳥や、イモを洗う幸島のサルなど、ごくわずかの例外を除いて、親から子どもへ世代を超えた、知識や技、経験の伝達が、他の動物はできません。

さらに人間は、大きくなったら、本を読んだり、インターネットで調べたりして、世代を越えて、経験を受け継ぐことができます。それは言葉があるからです。人間だけが持つ言葉はすごいものなのです。

さて、1年間にわたり、誕生から1歳までの赤ちゃんの成長発達を紹介してきました。そこに秘められた赤ちゃんのすばらしい能力、奇跡的なパワーをわかっていただけたでしょうか。

子どもは、これからもまだまだたくさんのパワーを発揮しながら、成長していきます。日々の生活に見え隠れしているそのサインをキャッチしながら、どうぞ子育てを楽しんでください。

update : 2018.08.15

  • お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。
    また、iPhone、iPadのSafariにおいては「プライベートブラウズ」 機能をオフにしていただく必要があります
  • cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。

Share