外出先のおむつ替え時のコツ

昔に比べると公共施設やショッピングセンターなどのトイレにおむつ替えシートが増えてはきましたが、まだシートが無い場所もあるし、あっても赤ちゃんを寝かせるのをためらってしまうくらい汚れていたり、設備が完全に整っているとは言い難いのが現状ですよね。
そんな不自由なことの多い外出時のおむつ替え。
先輩ママたちが教えてくれる「あると便利なグッズ」や、悩みを解決するために実際に工夫したことなど、外出時のおむつ替えに関するアンケートで教えてくれた生の声をご紹介します!

アンケート実施期間:2008年2月13日〜2月19日
アンケート対象:ベビータウン会員(回答者数=2,433名)

外出時のおむつ替えのコツ

家ではあたりまえのようにこなしていたおむつ替えも、外に出ると思うようにいかないことが多いもの。
おむつを替える場所を確保するだけでも一苦労なんてことも多いようです。
そんな外出時ならではのおむつ替えの悩みに先輩ママたちがどう対処したのかさっそく見ていきましょう!

おむつを替える場所を考えておく

やっぱり一番困るのは、おむつを替える場所がないこと!おむつ替えシートのある場所を事前に確認しておくという声が多く聞かれました。初めて行く場所も、ネットで検索するなど、できるだけ調べておくのだとか。ただし、おむつ替えシートがなくても、店員さんに聞くと場所を用意してくれる場合などもあるようなので、現場での交渉もしてみる価値がありそうです。また、おむつ替えの場所に困らないように、ででかけるのも一つの方法ですね。

早め早めにおむつ替え

「赤ちゃんが、おむつを替えてほしくて泣き叫んでいるのに、おむつを替える場所が見つからない」なんてことがないように、良い場所があったときは「まだ大丈夫かな?」と思っても、早めにおむつを替えておくと良いようです。また、外出先でのおむつ替えが減らせるように、家を出る前に替えておくという意見もありました。

衛生面に気をつける

本当は清潔な場所でおむつを替えてあげたいものですが、「ちょっと汚いな」と思う場所で替えざるをえない場合も。そんな時のためにアルコールで拭けるシート除菌ジェル、直接赤ちゃんの肌が触れないようおむつ替えマットを用意しておくと安心できますね。

テープ式とパンツ式おむつを使い分ける

立ったままおむつを替える場合や、じっとしていてくれない赤ちゃんのおむつ替えには、パンツタイプのおむつが便利。だけど、テープタイプのおむつは、靴やズボンを全部脱がせなくても替えられて便利という声も。赤ちゃんの状態や、洋服などに合わせて使い分けましょう。

手早く替える

混んでいる場合もあるし、もたもたしていると赤ちゃんがぐずってしまうことも。やっぱり外出時のおむつ替えはスピードが大切なようです。必要なものはひとまとめにしてサッと取り出せるようにしておいたり、おむつを替えやすい服装にしておくと良いですね。紙おむつの上におしっこライナーをつけておいて、一度目はライナーを取るだけで済ませるという技ありママもいらっしゃいました。

便利なグッズを用意する

ペット用のおしっこシート新聞紙など、おむつ替えのときに赤ちゃんの下に敷いて、終わったらおむつをくるめる使い捨てできるものは便利です。他にも、使用済みおむつの臭いを防ぐための袋、小分けにしたおしりふき、子どもの気を紛らわせるためのおもちゃ、手荷物をかけるためのS字フック、立ったままおむつを替えるときに洋服が下がらないように留めておく洗濯ばさみなど、多少荷物になっても、あると便利なものはもっていくといいですよ。

私はこうした!(先輩ママのコメント集)

おむつを替える場所を考えておく

  • なるべく長時間の外出を避けることと、そろそろおむつ替えの時間という時には、おむつと替えシートやベビールームが併設されている大きなショッピングセンターなどに立ち寄ること。

    (香川県/一男のママ)

  • 事前にHPなどでおむつ替えのできる場所をリサーチしてから出かける。

    (静岡県/一男のママ)

  • トイレにおむつ交換台があるところはよくあるが、スペースが狭いところが結構あるので、なるべく車の中でおむつ替えしています。

    (茨城県/二女のママ)

  • トイレにおむつ替えシートがない場合は、とりあえず店員さんに聞いてみる。この前は、ファミレスになかったが、聞いたら従業員用のロッカー室を使わせてもらえた。試着室みたいのがあって、ついでに授乳もできた。

    (埼玉県/一男のママ)

早め早めにおむつ替え

  • ちょっと濡れていたら、すぐに取り替える。次に行く場所でおむつ替えできるところがないかもしれないので。

    (千葉県/二男のママ)

  • おむつ替えのできそうな場所やタイミングがあれば、早め早めで替えておく。
    焦って探したり、込み合っていて待つことになったりすると子どもも機嫌が悪くなって余計に大変になってしまうので。

    (京都府/一男一女のママ)

  • 短時間の外出なら、出かける前におむつを替えておいて、できるだけ外出先ではおむつ替えせずに済むようにする。

    (石川県/一男のママ)

衛生面に気をつける

  • 息子はおしゃぶりがやめられなく、おむつ替えスペースをさわっては指しゃぶりするので、病気をもらわないかヒヤヒヤしています。そのため便座のアルコールふきシートを持ち歩くようにしています。

    (神奈川県/一男のママ)

  • 台に直接肌が触れないように、おむつ替えマットなどを使用する。

    (埼玉県/一男のママ)

  • 携帯用の除菌ジェルを使っています。お店にはちょっと大きいものしか売っていないので、雑貨屋で買った小さいボトルに詰め替えてママバックに入れています。

    (愛知県/一男のママ)

テープ式とパンツ式おむつを使い分ける

  • さっと替えれるように外出時はパンツ式を使っています。子どもがじっとしないので、なるべくパパに手伝ってもらうようにしています。

    (神奈川県/一男のママ)

  • いつもはテープ式を使用していたけど、外出先では立ったまますぐに替えられるようにパンツ式のおむつを使用していた。

    (神奈川県/一女のママ)

  • 子どもを寝かせておむつ替えができる所では、靴やズボンを脱がせるのが面倒なので、シート型のおむつ。立たせてしか替えられない時は、パンツ型のおむつに替えています。両方持ち歩いていると、結構便利ですよ。

    (東京都/二男一女のママ)

手早く替える

  • 替えのおむつ、おしりふき、タオル(おしりの下に敷く)、ビニール袋、服の着替えを、出し入れしやすい袋にまとめておいて、いざという時にあわてないようにいつも準備をしておくこと。

    (沖縄県/一男のママ)

  • 外出時に限らず、すべて準備してから(特におしりふきを前もって必要な分だけ取り出しておく)手早く済ませるようにしている。

    (兵庫県/一女のママ)

  • 替える際の工夫よりも、外出着の工夫。冬場なら、タイツは履かずに、べビーレッグやニーソックスなどに、ズボンは股にボタンがあるオーバーオールなどに。そうすれば、服をいちいち脱がさずにさっと替えられるので。

    (北海道/二男のママ)

  • なるべくすばやく、更に使用済みのオムツの量を減らすために紙おむつにオシッコライナーなどをあてて、外出する。一度目はそのライナーを取るだけでおむつ替えができるので非常に便利。

    (岡山県/一女のママ)

便利なグッズを用意する

  • おしりふきシートは大きいまま持ち歩くと大変なので一回分ずつビニール袋に分けて入れます。使用して空になった袋に使用したおむつを入れて処理してます。無駄が無く、小さいバッグでお出かけができるので身軽です。

    (群馬県/二女のママ)

  • ペットシーツ。汚れても捨てられるし軽いので持ち運びも便利。

    (岐阜県/一男のママ)

  • 新聞紙に包んでからポリ袋に入れて持ち帰れば、臭いもほとんど外には漏れないし、湿気も吸収してくれるので、たっぷりおしっこも大丈夫です。あと、おむつを替えるときに下に敷いても使えます。

    (愛知県/一男のママ)

  • 使用済みおむつを持ち帰ることになっても鞄の中がにおわないように、使用済みおむつのにおいを防ぐ袋を持ち歩いています。

    (埼玉県/二男のママ)

  • S字フック。簡易おむつ替えシートの際は手荷物を置くスペースがないため、S字フックを利用して手荷物をおむつ替えシートからぶら下げていました。

    (東京都/二女のママ)

  • あまり普段遊ばせてない小さなおもちゃを持っていって、おむつ替えの時にそれで遊ばせる。少しの間ならおとなしくしていてくれます。

    (大阪府/二男のママ)

  • 子どもが立っておむつ替えをするようになってからは、洗濯バサミを使っています。立ったままだと洋服(下着など)が落ちてきておしりを拭きづらいし、汚れたりするので。

    (宮崎県/一男のママ)

update : 2008.05.07

  • お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。
    また、iPhone、iPadのSafariにおいては「プライベートブラウズ」 機能をオフにしていただく必要があります
  • cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。

Share