赤ちゃんとの車でのおでかけについてのアドバイス

赤ちゃんとのおでかけは荷物が多くなるので、車だとラクですね。ただ、赤ちゃんがぐずったりすると運転者であるママやパパが集中できなくなってしまい、あやしてあげることができないのが大変。先輩ママたちが車でのおでかけをどう工夫しているかアンケートで聞いてみました。

アンケート実施期間:2015年12月9日~12月15日
アンケート対象:ベビータウン会員(回答者数=1,505名)

車でおでかけするコツ

車でのおでかけならではのコツについてうかがいました。
電車やバスでの移動に比べると、周囲の目が気にならないなど、便利な車でのおでかけですが、コツをつかめば、さらに快適なおでかけができそうです。

赤ちゃんがご機嫌になるグッズを活用

車ならば荷物が多くなっても大丈夫なので、おもちゃや絵本など、赤ちゃんの大好きなものをたくさん用意してあげると良いでしょう。車ならば、音がでるおもちゃも、堂々と使えるのがうれしいですね。その他、おやつなどの食べ物や、DVDなども効果が高いそうです。

鏡をつける

ママひとりで赤ちゃんとおでかけする場合、運転中、後部座席にとりつけたチャイルドシートに座る赤ちゃんの様子がわからないと不安になりますよね。多くのママは、専用のミラーをつけて、赤ちゃんの様子を確認しているそうです。

温度調節

赤ちゃんにご機嫌でいてもらうためには、温度調節が大切です。特に、夏場の暑さを気にかけてあげているママがたくさんいらっしゃいました。背中にタオルや、ひんやりするシートを敷いたり、窓に遮光カーテンをつけたりすると良いそうです。

機嫌のよい状態で出発

移動中に泣かれてしまうと大変なので、おでかけの前におむつを替えて、おなかもいっぱいにするなど、不機嫌になる要素をできるだけなくしてから出発するのだそうです。

マメに休む

車の中で長時間同じ体勢でいるのは、大人と同じように赤ちゃんも疲れてしまいます。遠い場所へ移動するときは、こまめに休憩をしながらのほうがよさそうですね。中には、高速道路のパーキングにはすべて止まって休みながら移動したというママもいらっしゃいました。

寝ている間に移動

お昼寝の時間に合わせて出発したり、長距離のときは夜中に出発して、夜赤ちゃんが寝ている間に移動してしまうという方も。夜間の運転は大変ですが、赤ちゃんが寝ていてくれるほうが、結果的に楽に移動できることもあるそうです。

私はこう思った!(先輩ママのコメント集)

赤ちゃんがご機嫌になるグッズを活用

  • 家で遊ぶおもちゃとは別のおもちゃを用意しておく。同じおもちゃでは飽きてしまうので、目新しいものを車のなかでは持たせておきます。しばらく遊んでいなかったおもちゃも可。

    (埼玉県/2歳児と9歳児のママ)

  • ぐずった時に子どもの好きな番組のDVDを見せるようにしている。

    (鹿児島県/1歳児のママ)

  • 音の出るおもちゃや光るおもちゃをたくさん用意して飽きさせないようにする。

    (岩手県/1歳児のママ)

鏡をつける

  • ミラーを付けて後ろ向きでも顔が見えるようにしました。

    (新潟県/0歳児と7歳児のママ)

  • フロントガラスに後が見えるように小さいミラーをつけた。

    (愛知県/2歳児と5歳児のママ)

  • 鏡を付けて、運転中でも見えるようにする。ぬいぐるみを置いておき、遊ばせてる。

    (東京都/0歳児のママ)

温度調節

  • 夏場は背中にひんやりするシートを使用。窓には遮光のカーテンを取り付け。

    (山口県/0歳児のママ)

  • 暑い時は必ず保冷剤を頭と背中に入れて少しでも暑さをしのげるようにしました。

    (東京都/1歳児のママ)

  • 日差しが強い際には、チャイルドシートの上に白いタオルを乗せること。そうするとチャイルドシートが暑くならない。

    (京都府/5歳児のママ)

機嫌のよい状態で出発

  • 車に乗る前におむつ替えやミルクなどを済ませ、なるべく不機嫌になる要素は排除しておく。

    (山形県/0歳児のママ)

  • でかける直前におむつを替える。

    (富山県/1歳児のママ)

  • ご機嫌をみてベストコンディションの時に出かける。

    (東京都/0歳児のママ)

マメに休む

  • 遠出はマメに休憩しながらにした

    (広島県/2歳児のママ)

  • こまめに休憩を取って、赤ちゃんを外の空気に触れさせていました。

    (兵庫県/2歳児のママ)

  • 遠出の時は時間かかっても高速道路のパーキングとか、寄れるところは全部寄って、気分転換しながら田舎に帰りました。

    (大阪府/2歳児のママ)

寝ている間に移動

  • 長距離の場合は睡眠時間に合わせておでかけ。できるだけ寝ていてもらう。帰省は朝4時に出発したり、18時に出発したり。親は寝不足で大変だけれど、ずっと泣かれるよりマシ。

    (東京都/0歳児のママ)

  • 子どものお昼寝のタイミングで移動できるように、赤ちゃんに合わせたスケジュールにしています。また、おでかけの帰りに疲れて眠くなりすぎてぐずることが多いので、早めに帰宅できるようにしています。

    (栃木県/0歳児のママ)

  • 実家に帰るなど長距離の時はネンネの時間をねらって出かけました。

    (広島県/1歳児のママ)

update : 2016.03.02

  • お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。
    また、iPhone、iPadのSafariにおいては「プライベートブラウズ」 機能をオフにしていただく必要があります
  • cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。

Share