ステージ
未選択

赤ちゃんのステージ
を選択してください

現在のステージを選択してください

妊娠中
産まれたて・
ねんね
ばたばた
あんよ
寝返り・
おすわり
たっち・
あんよ
もうすぐ
おむつ卒業

後で設定する

チーム ムーニー
ポイントプログラム

今なら期間中2ヶ月以上連続で対象商品を
登録した方から抽選で、ムーニーポイントプレゼント!

閉じる

※Cookieを削除した場合や無効にした場合は、再度表示される可能性がございます。

破水したらどうしたらいい?量はどれくらい?病院へ行くまでの流れと処置

破水したらどうしたらいい?量はどれくらい?病院へ行くまでの流れと処置

もうすぐ赤ちゃんが生まれるサインはおしるし→陣痛→破水という順番が多いですが破水が先にくる人も少なくありません。それを前期破水といいます。急に前期破水がきても困らないようにしっかりとした知識をもっておきましょう。

監修者プロフィール

井上裕子先生
井上レディースクリニック 理事長・院長

医学博士。日本産科婦人科学会専門医、日本乳癌学会認定医、日本医師会認定産業医、日本医師会認定健康スポーツ医、母体保護法指定医師。

診療のかたわら、思春期から更年期の様々な女性に対しての講演活動、また、雑誌などに、出演、監修、執筆するなど多方面で活躍。

著書に「産婦人科の診療室から」(小学館)、「元気になるこころとからだ」(池田書店)、「赤ちゃんとお母さんのための妊娠中のごはん」(池田書店)など。

現在は、リボーンレディースクリニック 理事長、NPO法人マザーシップ 代表を兼務。

破水を知ろう

破水は生まれる直前にするイメージが強いですが、陣痛の前におこる破水もあるのです。先に破水してもパニックにならないですむように、破水についてきちんと知っておきましょう。

破水とは?

胎児を包んでいる卵膜が破れて、中の羊水が外へ流れ出ることを破水と言います。
通常は陣痛も激しくなり、子宮口が全開になってから破水することが多く、これを適時破水といいます。赤ちゃんがママのお腹から出ようとすることで卵膜が破れ、それまで赤ちゃんを守ってきた羊水が、今度はママの体の外にスムーズに赤ちゃんが出るために一緒に流れ出てくる役割を果たすのです。

前期破水とは?

上記の適時破水とは異なり、陣痛が来る前に破水することを前期破水といいます。炎症や感染で卵膜の組織が弱くなって破れて羊水がもれることがありますが、前期破水は原因不明のことが多く、確立された予防法はないそうです。だからもし、前期破水になったとしても、妊婦さん自身のせいではありませんので、自分を責めることはないのです。

陣痛より先に破水しても大丈夫なの?

赤ちゃんが十分に大きく育っていれば、破水が先に起きても心配する必要はありません。陣痛より破水が先にくることは珍しいことではありません。ただ赤ちゃんと外の世界がつながってしまうので、感染を防ぐために病院でできるだけ早く処置してもらいましょう。37周を過ぎて正期産で前期破水が起きた場合、通常は2-3日中に陣痛が来て分娩が始まります。

出てくる羊水はどんなもの?

出てくる羊水の量は個人差があります。ブチッと音がして大量に出てくる人や、チョロチョロと少量が流れ出てくる人、出血も伴う人など様々です。羊水は生あたたかく、量が少ないと尿モレとの区別がつきにくい場合もあります。
臭いも個人差があり、全く臭いがしない場合から耐えられないほど生臭い場合など様々です。

破水と尿漏れの見分け方とは

おしるしや前駆陣痛は気付かなくてもあまり問題がありませんが、前期破水は感染の危険性もあるので、すぐに病院へいかなければなりません。
尿モレと見分けがつきにくい場合もありますが、妊婦さん本人に区別をつけることはまず無理。破水したかもしれないと思ったら、すぐ病院へ行って確認してください!

出てくる羊水はどんなもの?

破水したら病院へ

37周を過ぎていれば陣痛より破水が先にきても赤ちゃんは大丈夫ですが、適切な処置は必要になってきます。いくつかのことに気をつければ心配なので慌てないで行動しましょう。
破水かなと思ったら、清潔なパッドやタオルをあてて、できるだけ早く病院へ行きましょう。その際、動くと羊水が出やすいので、できるだけ動かないようにしてくださいね。
病院へは徒歩などはやめ、タクシーなどで向かい、車内でも静かに横になっていましょう。羊水がもれても大丈夫なように、腰にタオルなどを巻いておくと安心ですね。

破水したら病院へ

破水後の注意点

お風呂やシャワーなどは感染の危険があるので、厳禁です。

病院ではどんなことをしてくれるの?

病院ではまず、腟内の分泌物を検査して、羊水かどうかを確かめます。そして、破水していることを確認したら、子宮内の感染を防ぐための処置をします。具体的には、腟内洗浄、抗生剤の投与などをしてくれます。

破水後に陣痛が起こらない場合

ほとんどの場合は、前期破水後24時間以内には陣痛が始まり、そのまま出産という場合が多いのですが、それ以上こない場合は陣痛促進剤などを使用する場合もあるようです。
破水から始まる出産は決して珍しくありませんが、なかなか陣痛が強くならずに分娩が長引いたり、母体が子宮内感染などにより発熱したりしないよう、医師の指示に従って、適切な医療処置を受けましょう。

update : 2022.06.14

  • お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。
    また、iPhone、iPadのSafariにおいては「プライベートブラウズ」 機能をオフにしていただく必要があります
  • cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。

Share