いぼ痔・切れ痔にアロマオイル湿布

妊娠中になりやすい「痔」。実は、妊娠・出産をきっかけに痔を経験した人は2人に1人と、多くのママが経験しているんです。とはいえ、「痔になった」だなんておおっぴらには言いにくいもの。こっそりセルフケアする方法はないのでしょうか?
マタニティアロマセラピストで助産師の浅井貴子先生によると、「アロマオイル」が痔のケアにも使えるのだそう。今回は、アロマがどのように痔に作用するのか、そしてアロマを使ってどうケアすればいいのかを教えてもらいました。

取材協力・監修

助産師・マタニティアロマセラピスト 浅井貴子さん

どうして妊娠すると痔になるの?

妊娠後期から産後にかけて、多くの妊産婦が経験する「痔」。

「お腹の赤ちゃんが大きくなればなるほど、痔になるリスクは高くなります。お腹の中が窮屈になり、内臓同士が渋滞して血の巡りが悪くなるのです。子宮の隣にある直腸周辺の血管が圧迫されると、肛門がうっ血して痔になってしまうのです」と、浅井貴子先生。

さらに、便秘も痔に拍車をかけます。ホルモンの影響で便が出にくくなっているところをムリにふんばると、肛門が切れてしまったり、突出した肛門が引っ込まなくなったり……。

「腸も大きくなった子宮に押されて狭くなっているので、便通も悪くなりがちなのです。また貧血で鉄剤を飲んでいる人は、薬のせいでさらに便が固くなってしまうのです」

痔になる条件がすっかり整っているのが、妊娠中――というわけなのですね。

助産師でマタニティアロマセラピストの浅井貴子先生

妊娠中になりやすい痔の種類

妊娠中の痔は、大きく2種類に分けられるそうです。

妊痔核(いぼ痔)

よく「いぼ痔」といわれる、一番多い痔のタイプ。外に突出してしまう「外痔核(がいじかく)」と、直腸の内側にできる「内痔核(ないじかく)」があります。

裂肛(切れ痔)

「切れ痔」といわれる通り、太くて硬くなった便を出すとき、また逆に下痢などで、肛門に負担がかかり、出口付近の皮膚が切れてしまう。出血や鋭い痛みがあります。

「妊娠中に最も多いのは、外痔核です。指でさわると硬いしこりになっている人もいます。排便時に"ウーン!"といきんだ拍子に肛門が出てしまい、そのままになってしまった、ということが多いようです。この場合、痛みを伴っている場合がほとんどだと思います。恥ずかしがって放っておかずに、きちんとケアしてあげてくださいね」

アロマの力で、痔をキュ~ッと"縮める"!

浅井先生おすすめのケアは、アロマオイルによる「湿布」。痔のタイプに合ったアロマオイルをたっぷりとコットンに含ませて、患部(肛門)に当てておくという、驚きの処置法です!

「コットンからしみでる精油(エッセンシャルオイル)が、皮膚からゆっくりと吸収されて痔の原因に作用します。イメージは、巨峰のようなぶどう粒が、キューッと縮んで干しブドウになっちゃう感じ。アロマの力で痔を縮めて小さくしていきます」

痔とは、つまりは肛門の血液の流れが滞っておこる静脈瘤(じょうみゃくりゅう/血がたまって血管がふくらむ病気)と同じ。そこで、浅井先生は、血液のうっ滞を防ぐ、血管のけいれんを鎮める、血腫ができるのを抑制する、ホルモンを調整する、殺菌する……などの薬理効果があるエッセンシャルオイルを配合して、オリジナルレシピを作っています。

浅井先生オリジナル 痔ケアアロマレシピ

小さめの痔用

  • サイプレス・・・5滴
  • グレープフルーツ・・・・5滴
  • スイートアーモンドオイル・・・50ml

サイプレスには、うっ滞除去・静脈瘤や痔を収れん(ひきしめる)作用。グレープフルーツには、抗炎症作用やリンパの流れをよくする作用があります。これらを、ベースとなるスイートアーモンドオイルに垂らして作ります。

  • サイプレスはホルモン調整作用があるので、妊娠16週までは使用を控えましょう。

大きめの痔用

  • ヘリクリサム(イモーテル)・・・8滴
  • サイプレス・・・6滴
  • スイートアーモンドオイル・・・30ml

血腫抑制、血液凝固作用、抗けいれん作用、鎮静作用があるヘリクリサム(イモーテル)と、サイプレスを組み合わせたレシピです。

切れ痔用

  • ティートゥリー・・・5滴
  • ホホバオイルまたはカレンデュラオイル・・・50ml

殺菌・消毒力や免疫を高める作用のあるティートゥリーを、皮膚を柔軟にしてくれるホホバオイル(カレンデュラオイル)に加えたレシピです。

  • 精油は100%天然のものを使用しましょう。ただし天然でもアレルギー反応を起こすことがあります。心配な場合はパッチテストをしてから使いましょう。

オイル湿布の作り方&使い方

さて、痔のタイプに合ったアロマオイルができたら、コットンとフタの閉まる容器を用意します。

準備

容器にコットンを20枚ほど入れ、アロマオイルをたっぷりと注ぎいれます。

指で押してジュワ~ッとオイルが浸みだすくらいまで、たっぷりと注ぎましょう。

湿布の手順

step1

入浴後や、排便後シャワートイレなどで肛門周辺を清潔にしたあと、オイルに浸したコットンを1枚取る。

step2

オイルが滴り落ちなくなるまで軽く絞り、痔に塗ります。肛門の外に出ている痔は、中にやさしく押し込むようにしながら塗ります。切れ痔の場合は患部にやさしく塗ります。

step3

コットンを肛門に当てたまま、ショーツにナプキンを着けてそのまま過ごす。ナプキン(おりものシートでも)に新しいコットンを敷いて着用してもOK。

コットンに潤いがなくなったら、新しいものに取り換えましょう。湿布の回数の目安は、1日1~2回。ナプキンを使うことで、オイル湿布をしたままでもショーツを汚さなくてすみます。

コットンを入れた容器はトイレや脱衣所に常備しておくと便利。1週間~10日くらいで使い切りましょう。

予防のポイントは、
温める・清潔にする・ストレスをためない

痔の引き金になるのは便秘ですので、まずは便を硬くしないよう、バナナ、プルーン、具だくさんの野菜スープや根菜類の煮物などで食物繊維を取ったり、ヨーグルトで腸内環境を整えましょう」と、浅井先生。

そのうえで、次の3つを守りましょう。

  1. 肛門まわりの血流をよくするよう、下半身を温める。
  2. 痔を悪化させないよう、肛門周辺を清潔にする。
  3. 消化機能を低下させないよう、イライラや不安はできるだけ取りのぞく。

この3つを守るため、たとえばシャワーだけの生活はやめて湯船に浸かって、体を温める。トイレが寒いと冷えるので、冬場はトイレを温めておく。シャワートイレがない人は、排便後、滅菌済みの清浄綿(薬局で買えます)で拭く。ストレスをためない自分なりのリラックス法を見つける……などなど。

いろいろな工夫で、「お尻にやさしい生活」を送りましょう。

取材協力・監修/助産師・マタニティアロマセラピスト 浅井貴子さん

 

update : 2015.10.07

  • お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。
    また、iPhone、iPadのSafariにおいては「プライベートブラウズ」 機能をオフにしていただく必要があります
  • cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。

Share