体重管理

体重管理

体重管理(体験談編)

※ユニ・チャーム調べ:2012年9月12日〜2012年10月10日に実施したアンケートより(598名のママが回答)

妊娠中は太りやすいうえ、激しい運動が難しかったり、赤ちゃんのためにいつもより栄養面に気をつかって食事をしたりと、体重管理は大変な部分が多いようです。しかし、そんな中でも頑張ったママたちの貴重な体験談が多く集まりました。

愛知県:ロコロコ

元が太っているので極力体重を増やさないように気をつけました。結果プラス6キロで出産。退院するときには元の体重に戻っていました。妊娠後期は赤ちゃんの成長が著しく、毎週体重が増えていきます。前半、がんばって増やさないことが大切!

宮崎県:こころん

妊娠後期はちょうどクリスマス、年末年始が重なってピンチ!!助産師さんからも「餅禁止令」が出ました(-_-;)しかし、クリスマスケーキに実家の美味しいご飯…年明けの健診で一気に3キロ太っていました(゜ロ゜;その後は毎日1時間以上歩き、揚げ物や甘いものが食べたい時は、ネットで代わりになりそうな低カロリーのレシピを検索して作りました(*^^*)

そのおかげで体重増加も落ち着いて、助産師さんに誉められましたよ♪運動は体重管理だけでなく、お産への体力づくりの面からも非常に大切だと痛感しました(´▽`)これから出産される皆様も頑張ってくださいねo(*⌒―⌒*)o

静岡県:うめ@

体重が増えすぎでお医者様にしかられてしまいました。その次の健診では少しでも体重を減らそうと毎日3時間以上散歩し、さらに当日は病院まで片道5キロの道のりを歩いていきました。その結果、体重のことでは叱られなかったけれど尿淡白が出てしまい、今度はそのことで注意されてしまいました。何でもほどほどが大切だと痛感しました。

埼玉県:こなつ

妊娠の思い出にと、マタニティ専用の日記帳を購入。そこには健診内容を書く場所があったり超音波写真を貼る場所があったり、毎日の食事内容、体重が書けるようになっていました。日記をつけることで、食べ過ぎた、今日は頑張ったと毎日反省し、体重をはかる習慣もついたから役立ちました。

広島県:peco

食事には、こんにゃく製品をかならず一品は取り入れました。刺身こんにゃくやこんにゃくサラダ。夏が出産予定だったこともあり、冷やしたこんにゃくをお酢や、低カロリードレッシングで食べると、とてもおいしかったです。便通も良くなりました。

兵庫県:ミヨーちゃん

妊娠9ヶ月まで事務職で働いていました。働いているうちは適度に歩いたり体を動かしていたのでプラス5キロでなんとか押さえていたのですが、産休に入ったとたんにどんどん増えてしまい気が付いたらプラス15キロに…。

原因は食べたい物を好きなだけ(特にアイスクリーム!)食べていたから。そのせいか、妊娠高血圧症候群になってしまい、予定日よりも2週間も早く緊急帝王切開で出産になりました。赤ちゃんは無事に生まれてくれたので良かったですが、皆さん私みたいにならないように、体重管理には十分注意して下さいね!

山口県:なるなる

妊娠中は10キロ以上増えましたが、産後母乳をあげてると、何もしなくても、どんどん減り元に戻りました。増えすぎはいけないと思うけど、あまり気にしないでいいと思います。

大阪府:やすこんぶ

担当医が体重管理にとても厳しい人だったので、診察の度にドキドキでした。特に「よく運動するように」と言われていました。でもただ歩くだけでは退屈なので、ショッピングモールなどへ出かけました。これなら買い物で気分転換しながら散歩できるのでいいですよ〜♪

東京都:のりねこ

あまり厳しい病院じゃなかったので、そこまで気にしませんでした。でも産前の体重まで戻すには1年半近くかかりました。ストレスをためるほど管理に気をつけるのはどうかなと思いますが、増やしすぎは赤ちゃんにもママにも負担になるので、頭の片隅に産後体重戻すことを入れておくといいのでは?

高知県:年ごちゃんのママ

悪阻が重く、妊娠6ヶ月までにマイナス7キロ。ところが、悪阻がおさまると食欲が大変なことに!底なしの胃になり、1ヶ月でプラス5キロの月も。もちろん病院で「体重管理に気をつけましょう」のハンコを母子手帳に押され、最終的にはプラス16キロ…。悪阻がおさまる頃が体重を左右します!

update : 2018.10.01

  • お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。
    また、iPhone、iPadのSafariにおいては「プライベートブラウズ」 機能をオフにしていただく必要があります
  • cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。

Share