産後のおっぱい

産後のおっぱい

産後のおっぱい

※ユニ・チャーム調べ:2014年2月12日〜2014年3月12日に実施したアンケートより(1171名のママが回答)

データ編

9割以上だった母乳で育てたと答えたママたちに、産後のおっぱいの変化について伺ったところ、一番多い答えは「大きくなった」で73.1%でした。思った以上に大きくなって驚いたという方も多いようです。また、母乳が下着に付着しない対処法としては、圧倒的に「専用のパットで対処している」方が多い結果となりました。母乳の量が多いと、タオルなどでは吸収しきれなかったり、ずれて服がびしょびしょになってしまったりすることもあるようなので、やはり専用のものが安心できそうですね。

お子様を育てるのに、母乳で育てましたか?

お子様を育てるのに、母乳で育てましたか?

Q1で「1.はい」とお答えの方へお伺いします。妊娠前と比較して産後のおっぱいの形や大きさに変化がありましたか?あてはまるものを全てお選びください。

Q1で「1.はい」とお答えの方へお伺いします。妊娠前と比較して産後のおっぱいの形や大きさに変化がありましたか?あてはまるものを全てお選びください。

Q1で「1.はい」とお答えの方へお伺いします。お子様に母乳を与えない時に、母乳が下着に付着しない対処方法として‘最もあてはまるものを1つだけ’ お答えください。

Q1で「1.はい」とお答えの方へお伺いします。お子様に母乳を与えない時に、母乳が下着に付着しない対処方法として‘最もあてはまるものを1つだけ’ お答えください。

体験談

産後、驚くほど変化するおっぱい。最初のうちは上手に赤ちゃんが飲めなかったり、張りや乳腺炎で困ったり、大変なこともあるようです。また、卒乳後のおっぱいがどうなるかも気になるところですね。けれど、それ以上に母乳をあげることに喜びを感じる先輩ママたちの声もたくさん届きました。ぜひ参考にしてみてください。

香川県:ばも

妊娠中〜授乳中まで、おっぱいが張って大きくなって、少し嬉しかったけど、役目を終えたおっぱいは張りがなくなり、乳輪や乳首の色が黒ずみ、少し悲しくなりました。でもおっぱいをあげられるのはママだけ。授乳期間も、何十年の人生のうちの、ほんの何年かだけ。そう思うと自分の体に自信が持てるようになりました。

群馬県:あーにゃ

私は右の乳首があまり出ていなかったため、赤ちゃんが吸い付きにくかったので、左のおっぱいばかりあげてしまい、1ヶ月で左右のおっぱいの大きさが倍以上違ってしまいました。右のおっぱいは乳腺がつまって、乳腺炎にまでなってしまいました(>_<)。私と同じような方がいましたら、のみにくい方のおっぱいも諦めず、赤ちゃんの体勢をかえたり搾乳したりで均等に出したほうがいいですよ(^○^)

北海道:葵梨ちゃんママ

妊娠中に乳首と乳輪が黒くなりましたが、色は元通りになりました。でも妊娠前のようなハリはなくなり少し垂れてきました。胸の前で「合掌」のように手のひらを合わせて力を入れる筋トレをすると、垂れ具合は少しマシになりました。また、油の多い食事をしたときや、疲れているときはおっぱいが詰まりやすいです。出が悪い時はおっぱいを温めたり、おっぱいを両手で包むようにしてグルグルまわすと出やすいです。こまめに水分をとるのがとても大事。

愛知県:あや

妊娠後期になっても、全然大きくならないおっぱい。母乳は無理かなと思っていたら、産んで1週間でみるみるおっぱいが大きく、硬く、血管が浮き出てきました。出産準備品で用意したマタニティブラもサイズが全然合わず買い直し。左のおっぱいをあげながら、右手で作業をすることが多かったので、左のおっぱいだけが更に大きくなってしまいました。

北海道:いちごちゃん

最初の3ヶ月はおっぱいの管理が大変で、特に始めの1ヶ月は授乳、搾乳、マッサージに追われ、寝る時間もありませんでした。こんなにおっぱいの管理が大変だとは思わなかったです。食事にも気をつけていたのに、詰まりかけて熱まで出てしまい、涙が出てきました。私の場合は母乳の詰まりにきくとというハーブティーを飲んだら、びっくりするくらい詰まることもなくなり、かなり楽になりました。後は、いろいろな方向から赤ちゃんに吸ってもらったり、左右のおっぱいのそれぞれの特徴(詰まりやすいとか、たくさん出るとか、張りやすいとか)を把握して、吸わせる順番を変えたりしていました。

福岡県:めぐみ

とにかくおっぱいの出が良かったので、知らない間に服を濡らしてしまうこともありました。なので母乳パッドは必需品でした!!!授乳を見てる友達や家族の顔にもかかるほどでした(笑)

神奈川県:タクマママ

最初は赤ちゃんがうまく吸いつけないのと、私のおっぱいが吸いつきにくい形であったことから、授乳に苦労しました。搾乳器などを使ったり、おっぱいがパンパンにはり炎症を起こすこともありましたが、諦めずに続けたことで、だんだんとフワフワのおっぱいに変わっていきました。おっぱいの形も、赤ちゃんが吸いつきやすい形に変わっていき、すごく授乳が楽になりました。母乳育児をしたい方は、諦めないでいろいろと試しながらでも続けることが大事だと思います。

千葉県:ちーず☆

出産後すぐ、胸から首にかけてドクドクと音を立てながらおっぱいが張っていくのがわかり、体の急な変化にとまどいましたが、子どもが一生懸命おっぱいを吸ってくれた姿を見たときに、あ〜私も母親になれたんだなと感じ嬉しかったです。

鹿児島県:はるちゃん

1ヶ月くらいまでの乳首は、かさぶたができたり治ったりの繰返しでした。赤ちゃんがくわえるたびに痛くて、悲鳴をあげたこともありました。しかし、徐々に丈夫になっていくので大丈夫ですよ。

北海道:リトルチャボママ

もともと胸が小さかったのですが、産後大きくなりました。つかの間の大きなおっぱい。嬉しくなったのが正直なところです(笑)。産後に備えて授乳用のブラジャーを先に買いましたが、サイズが合わず、買い直しました。予想以上に大きいサイズになりますので、先に購入するのであれば最低限の数にしておいて、あとから買い足したほうが良いと思います。

また、おっぱいが張ってジャストサイズだと痛かったりしたので、その辺も考慮してサイズやタイプを考えたほうが良いと思います。フロントホックタイプが楽かなと思ったのですが、私の場合は着るときにおっぱいにあたり痛かったです。逆に後ろで止めるほうが楽でした。おっぱいの張り具合によって人それぞれかと思いますので、とりあえず最初は最低限の数を用意し、あとから買い足すほうが良いと思います。

京都府:ももこ

胸は大きくなりませんでした。大きくなると聞いていて、ブラのサイズをアップして購入していたので無駄になりました。母乳パッドは、使い捨てと洗って何度も使うタイプを兼用していました。最初は、育児で大変なので、使い捨ての方が楽です。

愛知県:りくたんまま

妊娠中は妊娠線ができないようにこまめにクリームを塗って予防していましたが、産後おっぱいが張りすごく大きくなっても、育児に追われていて自分の体まで気が回らなかったのでケアをしていませんでした。ある日おっぱいの下に妊娠線のようなものができていたのをお風呂で発見!!出産後もケアは大事なのねと思いました。今はおっぱいもでなくなりつつあり、妊娠前よりおっぱいが小さくなって垂れました。残ったのは肉割れの線のみ!!

愛知県:りっとん

私はまだ20代ですが、2人の子どもを完母で育てました。妊娠する前はハリがあって、サイズもEカップありましたが、母乳育児が終わった後はペタンコになりハリもありません。しかし!!後悔は何もしていません!可愛い大事な我が子!!母乳で育てられるなら母乳で育ててあげてください!可愛いですよ!母乳を飲む我が子は!垂れた乳は補正ブラなどあります。しかし母乳育児は決められた時期だけ。母親しかできない体験ですからね!

愛媛県:ここママ

ありがたいことに産後すぐから胸が張っていましたが、乳腺の開通が間に合わず2度も続けて乳腺炎に…出産した産院ではマッサージのみの対応。辛くて他の産院にあたり、薬をもらい改善!乳腺炎は辛いです…要注意!

新潟県:キャベツ

産後すぐ、乳腺炎になったことに気がづかず、痛みを我慢していたら、しこりが残り、その後の授乳に大変苦労することになりました。しかも半年後、さらに大変な乳腺炎になり、結局切開しました。おかしいと思ったら、我慢せず、専門家に相談しましょう。

宮崎県:りぃ

赤ちゃんと離れていても、赤ちゃんを想うだけで母乳が出たり、皮膚がいっぱいいっぱいになるほど、パンパンになったりと、普段経験できない体験ができました。おっぱいがカチカチになって痛いおもいをしたり、熱を持ったり、自分の食事がおっぱいの質に関係することに思い悩んだり、歯が生えて乳首に歯を立てられ絶叫したりと色々ありますが、出産も然り、おっぱいをあげることもママにしかできない貴重な体験で素敵なことでした。赤ちゃんと直に繋がれる最高に幸せな瞬間だと思います。楽しんでくださいね。

兵庫県:マユマロ

夜寝ている時は、お乳がたくさん作られているのでしょうね。ポタポタと溢れていることがありました。しっかり専用のパットを着けることをお薦めします。そして、いつも清潔に保って下さいね。お乳の臭いがしますよ。

神奈川県:Mia

産後1年くらいは授乳中だったこともあり、張って胸が大きくなりましたが、離乳してからはすっかりしぼんでしまってがっかりしました。でも、産後3年くらいで妊娠前くらいの状態に戻ったので、個人差はあるかとは思いますが、変化の大きい時期なので、その時々の状態に一喜一憂する必要はないかと思います。

神奈川県:神奈川県 まーちゃんママ

生後3ヶ月くらいの時、子どもを預けて外出して2時間経った辺りから、母乳が出始め、洋服まで染みてしまったことがあり、すごく恥ずかしい思いをしました^-^。

兵庫県:くまプー

乳首が柔らかく伸びて吸いやすいのが理想のおっぱいと聞いていたけれど、全然そんなおっぱいじゃなくて、本当に大丈夫かなぁと心配でした。でも、赤ちゃんが飲むようになってだんだんおっぱいも乳首も形が変わってきて、いつの間にか柔らかく伸びて吸いやすいおっぱいに進化していました。

福岡県:ふうちゃんママ

長女の時の話です。片乳ばかり飲ませていたら、飲ませていた側だけ大きくなり、片方は小さいままというへんてこなおっぱいになりました。徐々に大きさは戻りましたが、戻るまでは心配でした。そして、現在5ヶ月の娘の授乳をしています。交互におっぱいを飲ませるように努力しています^^。

栃木県:ひなママ

完全母乳で育てたくて、妊娠中からおっぱいの締めつけは良くないと聞き、妊娠3ヶ月からノンワイヤーブラのみを着用♪そのおかげか母乳で足りています\(^o^)/でも形は完全に崩れました(´д`|||)でも、母乳を飲んでいる我が子をみたらそんなことはどうでも良くなっちゃいます♪

群馬県:みにまま

上の子どもは完母だったのですが、今回は真逆の母乳不足。へとへとになるまでがんばりましたが、体重が増えず、今はミルクを足しています。ショックと疲れでブルーになりましたが、母乳だけが子育てじゃない、と自分を励まし、がんばっています。おっぱい問題は個人差があるので、あまり自分を追い詰めずに、一緒にがんばりましょう。

山形県:ひとめ

子どもは2人とも完母でした。産後、自分のおっぱいの大きさに驚きましたが、卒乳すると、あっという間に元に戻り、結局前よりも2サイズ落ちてしまいました。乳首よりも上の肉がなくなりました。乳首からおっぱいが膨らむ感じで…。おっぱいの大きさに嬉しくなり、ブラをたくさん購入しましたが、卒乳後は使えなくなるので、産前産後は、あまり高価なブラを買わない方がいいと思いました。

栃木県:ゆみら

もともとハリのない胸でしたが、母乳が完了したとたん、たるんでいる胸を鏡で見てちょっとびっくりしました。妊娠時からワイヤーなしタイプの下着をつけていたので「そのせいもあるのかも」と、友人に言われたことも・・・。それからはワイヤータイプの下着をつけてすごしていたら、少しずつですが、形が戻ってきたような気がします。

大阪府:けいたくんまま

胸がかなり大きくなると期待していたのに、実際は、あれ?こんな程度か・・・と少し期待外れでした。

埼玉県:Betsey

産後のおっぱいについての悲惨な体験談を見ていたので、出産前はクリームを塗ったり、産後は腕立てをしようと思っていました。でも、出産してからはそんな時間などみじんもありませんでした。さらに、産前は混合にしようと思っていたのに、産まれてからは体が辛くても母乳で意地でも頑張る自分にびっくり。まだ母乳をあげているけれど、もうハリはなくなってきました。でもおっぱいを飲む子どもの顔を見ると可愛すぎてそんなこと、どうでも良くなります!

徳島県:やまよう

産前に乳頭マッサージを怠っていた私。赤ちゃんが産まれたら乳首の形も自然と変わるだろうとたかをくくっていました。でも、予想に反して乳首の形は変化なし。しかし私の場合、子どもが生まれながらのおっぱい星人だったため、誕生したその日から1日17回程吸ってくれたので、そのうちにおっぱいが出るようになりました。子どもに助けられ結果オーライでしたが、やっぱり乳頭マッサージはしっかりやっておくべきだと思います。

東京都:saorixxx

授乳をはじめたばかりの時は乳首が切れることがあるので、馬油など用意しておくといいと思います。

熊本県:ぷう

おっぱいを飲ませていると、飲ませていない片乳からも母乳がピューっと出るので、母乳パッドをしておいた方がいいです(=^ェ^=)下着に母乳がつくとなかなか落ちないので。

update : 2018.10.01

  • お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。
    また、iPhone、iPadのSafariにおいては「プライベートブラウズ」 機能をオフにしていただく必要があります
  • cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。

Share