産後の心境について

産後の心境について

産後の心境について

※ユニ・チャーム調べ:2015年9月9日〜2015年10月14日に実施したアンケートより(997名のママが回答)

データ編

産後にブルーになったかどうか、また、そのときの心境を伺ったところ、一番多かったのが「家事・育児の疲れ」で54.0%でした。産後、体力が完全に戻っていない状態で、なれない育児をしながら家事もこなすのは、やはり大変なこと。上手にストレス発散することが大切そうです。気分転換の方法については、「家族・友人に話を聞いてもらう」が飛び抜けて多く、71.3%。悩みを聞いてもらうだけでも気持ちがラクになることもありますし、赤ちゃんのかわいさについて話していたら気持ちが明るくなりそうですね。

お産経験のある方にうかがいます。産後にブルーになったことはありますか?そのときの心境を教えてください。

お産経験のある方にうかがいます。産後にブルーになったことはありますか?そのときの心境を教えてください。

気分転換の方法は?

気分転換の方法は?

体験談

産後、がらりと変わる生活に不安や悩みを抱えることも多いですが、やはり、赤ちゃんとの生活は幸せなものですよね。同じような悩みを乗り越えてきた先輩ママの体験談はとても心に響きます。ぜひご覧下さい。

愛知県:ひろっぺ

長男のときは、全ての出来事が初体験だったので不安ばかりでしたが、こんな体験は何度もできるものではないので、今を大切に味わって生活しようという気持ちに切り替えたことで、子育てが楽しめました。

東京都:こんたま

初めての出産でしたが、子どもが笑っていても泣いていても、その一つ一つを楽しんでいます!お腹が空いたのかな?ぐずっているのかな?ただ何かが気にいらないのかな?赤ちゃんだから泣くよね!一生懸命泣いている姿がかわいくもあり。面白くもあり(笑)。当然こちらの行動に制限はありますが、それも今だけ。赤ちゃんの成長はものすごい速さですよ!一つも見逃すものかと毎日楽しんでいます♡

静岡県:ちむまま静岡県

産後は幸せいっぱいでした。陣痛は本当に辛かったけれど、そんな痛みは生まれた瞬間に吹っ飛んでしまいました!!前より気持ちが穏やかになり、「幸せいっぱいだなー」と思ったりしています。赤ちゃんの顔を見ると嬉しくて涙もろくなりました。でもママになった実感はなかなか持てなくて、赤ちゃんが隣にいることが不思議にも感じました!がんばって私と息を合わせて産まれてくれた赤ちゃんに、とても感謝しています!

長崎県:長崎県赤ちゃんママ

出産するまでは「嬉しい!楽しみ!どんな顔だろ〜」という気持ちで、毎日毎日楽しみで仕方ありませんでした。ところが、いざ出産後となると…「眠たいよ。つらいよ。誰かに話したいな」という感情がでてきたのです。赤ちゃんって本当にかわいくて癒されるのに、授乳が毎日1、2時間間隔って大変なもので、朝も昼も睡魔が襲ってきます。ちょっと横になろうとしたら赤ちゃんが泣きます。ちょっと家事をしようとしたら赤ちゃんが泣きます。

毎日バタバタしているのに周りからは「専業主婦だから時間あるでしょ?」と言われます。みんな母親は上手くやっていってるんでしょうが、私の場合は解決方法が見つからずこの時期はブルーな気持ちになっていました。しかし、子どもも親も毎日同じことをしてれば勝手がわかってくるものですね。2、3ヶ月後は余裕がでてきて、「前はどうしてあんなに大変な思いをしてたんだろう」という気持ちになります。

そして手がかからなくなると、母親は「子ども、もう一人ほしいな」という気持ちにさせられて、またお腹に身ごもるんでしょうね!私も今すごくそんな気持ちでハッピーです!

愛媛県:まゆゆ

私は今まで、あまり子どもが好きなほうではなかったんです。自分が実際に子どもを産んで、入院中は本当に産んだんだ…と実感が湧かず、退院し、せわしなく時間が過ぎていきました。思うように体も動かず、すぐに疲れ、夜も眠れず1ヶ月が過ぎていきました。

でも自分の横にいる赤ちゃんを見ると、なんとも言えない気持ちになりました。今では赤ちゃんの世話にも慣れて、一心同体!とってもかわいくて笑った顔、泣いた顔、ブーっとした顔すべてが愛おしいです。子ども好きではなかった私が、こんな気持ちになるなんて考えてもみなかったことです。本当に、生まれてきてくれてありがとう。

千葉県:くろべえ

大変でしたが、特にブルーにはならなかったです。ママ友とでかけたり、子連れOKのヨガ、ベビースイミング、ベビーマッサージと、いろいろなことを育休中にしていたので。家にこもらず、子連れで外に行くことが大事だと思います。外出しない日はめったになかったです。そのおかげか、今のところ人見知りはありません。

東京都:えみぃじょ

毎日毎日変化する子どもといると、1日があっという間で、ブルーになることもなく半年過ぎていました。まわりの子と比較するのではなく、自分のペースで気楽に考えていると力が抜けて毎日楽しめます!!子どもが寝たときに一緒に昼寝したり、気分転換にネイルしてみたりと、家事を時短して、自分の時間を作る楽しさもあったりと、今のところ毎日楽しんでいます!!

高知県:ちいこ

産後は、とても気持ちが不安定になりました。はじめての出産で、10ヶ月間もお腹の中にいた子どもに会えた喜びは大きかったものの、一気に赤ちゃんのペースに合わせた生活になったことにとまどいを感じました。今までは、自分の一日をスケジュール化し、段取りよくものごとを進めていくタイプだったので、それができなくなったことで気持ちが不安定になり、好きなように時間を使っている旦那に不満を感じました。

それと同時に、出産前は実母と折り合いが悪かったのですが、自分の子どもを産んでから母への感謝の気持ちが大きくなり、いままで冷たくあたったことをすごく後悔しました。なかなか、すぐには素直に気持ちは伝えられなかったけれど、徐々に母との関係も良好になりました。

神奈川県:ベビママ

産後より、出産前のほうが、母親になれるかどうかの不安がありました。でも、陣痛が始まり、10ヶ月お腹の中にいた赤ちゃんに会うことができると思った瞬間、そんな気持ちは吹き飛び、「早くお顔が見たい!生まれてきて!」という思いでいっぱいになりました。(これが辛い陣痛に耐えられたパワーの源です。)元気な声とともに生まれたわが子はかわいく、今は家事もままならない日々ですが、毎日が愛おしく、楽しみながら子育てをしています。

泣き声に悩まされることもありますが、かわいい寝顔を見ると、疲れも吹き飛びます。

埼玉県:ちぃ

とにかく気持ちの振り幅が大きくて、自分で自分にびっくりするほど。今までだったら気にしないような、ちょっとした言葉にひどく落ち込んだり、泣いてしまったり…。旦那には無性にイライラ。寝不足と産後のホルモンバランスのせい!と言い聞かせて、とにかく寝る、休む、頑張らない(頑張りすぎない)を鉄則にしました。子どもが3ヶ月を過ぎた頃からまとまって寝るようになり、心身ともにだいぶ楽に。8ヶ月になる今では、とても楽しく育児ができています。

茨城県:しゅんママ

一人の人間を立派に育て上げる、ということは想像以上に大変なことだと実感しました。自分は自分のやりたいこともできず、行きたい所にもいけず、子どもに縛られてばかりで、子育てなんてもう嫌だという気持ちになったこともあります。でも、子どもの日に日に成長していく姿や、かわいい笑顔を見ていると、産まれてきてくれてありがとうという気持ちになります。

子育ては大変なことや嫌になってしまう時もありますが、わが子はとってもかわいいものです。この子は私の一生大事にしたい、宝物だと感じます。

埼玉県:yuri.

産後、切開した傷の痛み、お腹、胸の痛みなどがあり、思うように動かない身体がもどかしかったのですが、産まれたばかりのわが子を見ているときは忘れられました。ちゃんと育てられるか不安でしたが、頑張ろう!と思う気持ちの方が強く、そこまでブルーになることはありませんでした。

石川県:トゥティーマ

産後は誰でもすぐに、「わが子がかわいく思えてしかたがないお母さん」になれるものだと思っていましたが、出産直後に生まれてきたわが子を抱っこした時、そういう感情にならなくてショックを受けました。でも、大変だけれどお世話をして赤ちゃんと一緒に過ごしていくうちに、赤ちゃんのかわいらしい姿に惹かれて、段々と愛おしい気持ちがわいてきて母性が芽生えました。わが子のおかげで母親になれた気がします。

福岡県:男の子の二児ママ

会陰切開した傷の痛みが1ヶ月以上続き、座るのさえ涙が出てきました。授乳するのもおっくうで、私の体はずっとこのまま痛いのが続き元に戻らないのでは??なんて塞ぎこんで泣いていました。何をするのにも痛いので人にも会いたくなく、部屋にずっといました。だんだん痛みがひいていくに連れて精神的に楽になり、本当に周りがやっと見られるようになり、育児が楽しくなりました。

愛知県:せりかほママ

子どもを守るために気性が荒くなっているライオンのお母さんみたいに、とにかく大事なわが子を人に触れられたくない独占欲(笑)。実母が抱くのでさえ、自分の見てる前でなきゃイヤでした。分離不安のような感じでした。

宮崎県:May

社会から取り残された疎外感、なかなか上手に泣き止ますことができないことへの焦り、わが子をしっかりとした大人に教育できるかどうかの不安などが一気に押し寄せてきました。特に夜中に泣くのは精神的につらくて、一緒になって泣きたくなりました…。そんな毎日毎晩の格闘にも耐えられたのは、優しく気遣ってくれる旦那さまと天使の寝顔のわが子。ほやぁーと笑ってくれる、その一瞬のために今も頑張っています。

埼玉県:愛

今思うと、産後うつだったと思います。不妊治療をして、欲しくて欲しくて授かった赤ちゃんでしたが、育児に関して自分ひとりだけが大変な思いをしている気になり、主人がとても頼りなく感じました。赤ちゃんはとにかく可愛いのに、毎日なんともいえない不安感で自然に涙が出てきました。

産後1ヶ月ほどから、このような症状でとても辛かったですが、3〜4ヶ月で落ち着き、8ヶ月たった今は夜泣きに苦しんでいますが、楽しく育児できています。つらかった時に実家の母や友人に支えてもらい、乗り越えることができたので感謝しています。

新潟県:★まなとも★

赤ちゃんの顔を見ていると、どんなに寝不足でも頑張れました!赤ちゃんもママと頑張ってこの世に産まれてきてくれたのだから、自分も頑張ろうって思えました!

茨城県:ちゃき☆彡

出産後、退院して実家に里帰りしてから、なぜか娘を見るたびに涙がポロポロと落ちてきて止められない感情が襲ってきました・゜゜(p>д<q)゜゜・母や主人に話を聞いてもらったり、抱きしめてもらったりしました。しばらくすると少しずつそういった気持ちが落ち着いてきて、2ヶ月たった今では娘の可愛さを日々噛み締めながら子育て奮闘中です☆彡今思うと、産後のホルモンバランスの乱れってやつだったんですね!

愛知県:じゅんちゃん

上の子の産後、初めての育児で不安ばかりでした。昼夜問わず3時間置きの授乳。息子はおっぱい飲むのが下手で授乳に1時間かかるときも珍しくありませんでした。1ヶ月間の里帰り中、先輩ママである実母のアドバイスも余計なお世話!と素直に聞き入れることができず、どんどん世間から取り残された気がしてなりませんでした。

SNSでは友達の楽しそうな記事をみて、自分も幸せなはずなのに周りがうらやましくて…。寝顔を見ては「こんな弱いママでごめんね(;_;)」って泣く毎日でした。今となってはそんな大変だった毎日もいい思い出です。去年、次男が産まれ、さらに慌ただしくなりましたが、かわいい存在が増え、幸せも倍増です。

神奈川県:あや

本やインターネットなど、いろいろ見て、大変なのだろうと考えすぎていました。育てやすい子みたいで、実際は働いてた頃より毎日楽しいです。

静岡県:静岡県なっきー

泣いてずっと抱っこで大変だけど、いずれ仕事復帰したらずっとはもう一緒にいれなくなると思うと、つらくてもやっぱり愛おしいって思います。

東京都:yti

はじめは母乳があまり出ずミルクをあたえていたこと、赤ちゃんが泣きやまない時などに、母親として赤ちゃんの世話がしっかりできていないと感じて落ち込みました。出産後、高血圧がなかなか良くならなかったのも不安でした。

育休明けの仕事についても不安でした。でも、赤ちゃんが長く眠ってくれるようになるにつれて自分の睡眠時間が増え、楽観的に考えられるようになりました。その間の夫や母のサポートに感謝しています!

大分県:ウッチーからナカッシー

育休に入り、会社や友達と会う機会が一気に無くなり、会社にはもう私の居場所は無いと思うようになりました。SNSなどで友達が遊んだりしてるのを見ると孤独な気持ちにもなりました。でも子どもがニコニコしながら私の指を握ったり遊んでるのを見ると、1人じゃないって思えます。

東京都:れいらどん

疲れて眠いのに子どもは泣いて、あやしているのに泣きわめいたりするときや、夜一人であやしてるときは気持ちが沈みました。また旦那さんを構ってあげる余裕もなく、育児でイライラしてしまい、夫の家事や育児の手際の悪さに怒ってしまったことも。産後どういうふうに夫婦で助け合うべきかしっかり話し合っておくべきだと思います。

岩手県:きょんちゃん

1人目を出産した後、おっぱいもうまく飲ませられないし、抱っこしても何をしても泣き止まない時に、何とも言えない悲しい気持ちになりました。夜は寝ている人を起こさないように必死で、一晩中抱っこおっぱいの繰り返し、抱いたまま寝たこともしばしば。自分がどうにかしないとダメだとか、人に頼ってはいけないような気がして孤独を感じました。

でも、2人目出産後は、気持ちに余裕があるからか泣いていても慌てることなく、穏やかな気持ちで接することができています。頼めることは周りの人にお願いし、一人で頑張らず楽しんで子育てしています。この差はなんだろう。

大阪府:あんな

子育ての大変さよりも毎日毎日わが子がかわくて愛おしくて仕方ありません。大変な時もたくさんありますが、赤ちゃん期なんてあっという間なので楽しく子育てしたいって思います。母になれて本当に幸せな毎日です、感謝してます。

奈良県:のんこ

チャイルドシートが娘はとても苦手でのせると泣きじゃくるから、でかけずほとんど家にいたので、煮詰まってイライラしていました…。周りがどんな子育てをしているのかもわからず不安で、ネットに頼ってばかりいました。今では子育て支援センターで知り合ったママ友達とサークルを作り、情報交換して育児を楽しんでいます♪

東京都:ショドメ

かなり感情的になり、周りの人がうちに来る度何か買ってきてくれたり、とにかく優しくしてくれたり、赤ちゃんをあやしてくれたりくれたことが嬉しくて、よく嬉し涙を流していました。

東京都:はるる

育児がもう嫌になったわけではないけれど、想像以上に大変で体力を使うこと、精神的に疲れが出ること、思うように自分が動けないことがわかり、自分が母親になり始めて母親のありがたみをわかりました。

update : 2018.10.01

  • お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。
    また、iPhone、iPadのSafariにおいては「プライベートブラウズ」 機能をオフにしていただく必要があります
  • cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。

Share