産声

産声についての思い出は、人それぞれ、いろいろなケースがあるようです。産声をしっかり聞いて覚えているママや、意識がもうろうとしていて記憶にないママ、感動して泣いたパパも。

産声を聞いて、元気に生まれたことを確認してホッとするママも多いようですね。

感動的な思い出や、ちょっと笑ってしまうエピソードまで、たくさんの体験談が寄せられました。

鹿児島県:ひめ

27時間の出産時間。長丁場で、やっと産声を聞けた時は、感動しました。それと同時に、これから一緒に生きていくんだという新たな決意をしました。生まれてきて本当にありがとう。その一言です。

神奈川県:ねこ

とっても小さいな身体で一生懸命に産声をあげてくれました。顔を真っ赤にして産声をあげていたのですが、まだ声が小さく細く、全てがかわいかったです。

石川県:りょちゃん

私の息子の「産声」はなかなか聞けませんでした。心拍が落ちて吸引分娩となり、病院の先生に引っ張り出された我が子は声を上げてくれませんでした。正直、産まれた直後に大声で泣くものと思い込んで、泣かない可能性なんて考えてもいなかったので、先生たちがバタバタと処置している姿を見て涙がとまりませんでした。でも先生の処置の甲斐あって、出生から7分後に声を上げました。そこでさっきとは違った涙が溢れてきたのを忘れません。希望していたカンガルーケアもできず保育器に収容された息子ですが、退院後は順調に成長し、いまではつかまり立ちをするようになりました。出産は決して簡単なものではないけれど、産まれてきた我が子は最高にかわいいです!皆さん是非ステキな出産をしてくださいね☆

東京都:あじゃこ

我が子は産声をあげるより先に「ヘクション!」と可愛いくしゃみを(笑)。「産声が聞こえないっ!」と焦ったのは何が起こってるのかわからない私だけで、医師や看護師の方は我が子のくしゃみに笑っていました。

大阪府:なな

帝王切開で意識が朦朧としていました。でも赤ちゃんが元気に泣いている声を聞いて朦朧としながらも、感動して涙が滲みました。

栃木県:まゅママ

私は帝王切開での出産で、全身麻酔だったので、出産直後の産声は聞いていませんが、意識が戻りつつある時に腕の中に赤ちゃんを置いてもらい、初めての対面を果たしました。私にとっての産声は、小さな寝息でしたね。

埼玉県:were

「立会い出産は無理〜!」と全拒否していたダンナさんですが、陣痛中付き添ってくれました。初産なので時間がかかり、陣痛間隔もなかなか縮まらず、まだ時間がかかると言われ仮眠をとっていたダンナさん。けれど、フッと目が覚め廊下で待っていたところ「オギャー」と産声を聞けたそうです。なんてベタなドラマのような(笑)と思いましたが、夫婦2人で聞くことができてよかったです。元気いっぱいの男の子。我が家の宝です。

熊本県:はな

陣痛が始まってからは、とにかく辛くて早く我が子に会いたい一心で頑張りました。助産師さんや、先生、家族に励まされながら必死でした。産声を聞いたときの、あの瞬間は忘れられません。やっと終わったという達成感、やっとわが子に会えたという喜び、元気に生まれてきてくれたという安心感…とても感動しました。旦那さんにビデオ撮影してもらっていたので、あとから何回もみて感動してます。ビデオは本当におすすめです。出産まではたくさん辛いことも多かったけど、産声を聞いてわが子を抱いた瞬間、痛みも全てふっとびました。

東京都:だんぴ

促進剤を使ったため、陣痛が痛すぎて産まれたときは感動というよりも私よく頑張った!と自画自賛しました。笑。

富山県:らんでぃ

嫁の出産に立ち会いました。陣痛で苦しんでいる姿を見て手を握っているのがいっぱいいっぱいでした。生まれた瞬間「おぎゃー」という声を聞いてまさに天使の声だと思いました。これからも大事に育てていきたいです。

update : 2018.10.01

  • お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。
    また、iPhone、iPadのSafariにおいては「プライベートブラウズ」 機能をオフにしていただく必要があります
  • cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。

Share