バースプラン

バースプラン

バースプラン(体験談編)

※ユニ・チャーム調べ:2012年10月10日〜2012年11月14日に実施したアンケートより(583名のママが回答)

バースプランは立てても、実際はプラン通りにいかないこともあるかもしれません。けれど、立てるだけでも幸せな気持ちになれたり、出産について考えるいい機会になったりするものです。先輩ママの体験談を参考に、ぜひバースプランを練ってみてはいかがでしょうか。

大阪府:モカ

陣痛のとき、分娩、その後の入院生活など各シーンに合わせて考えると、やりたいことが出てきやすいですよ。その中で、環境、医療について、などカテゴリ分けして、やりたいこと、やってほしくないことを考えてみると、お産のイメージもできてよかったです。

茨城県:あこぱん

病院が出産を「人生のスタートに喜びと感動を!」を合言葉に全面的に支援してくれるところだったので、事前にバースプランを立て、立会い出産、フリースタイル分娩、へその緒を切る、カンガルーケアをするなど、自分のやりたいことをとことんバックアップしてくださいました。自分の希望通りの出産ができるのは一生の思い出です。産院選びも重要だと思いました。

沖縄県:なつ

お産って人生の中で何度もあることではないので、やりたいこと、やってみたいことをどんどん書いてもいいと思います。もちろん全部達成できなくても、自分以外の人にこうしたいというアピールには必ずなるので、ぜひ紙に書きだして欲しいです。

東京都:ぽむ

出産する時にこんなことをしたい、あんなことをしたいという思いはあっても、いざその場になると出産に精一杯で、何をしたかったか忘れてしまいます。ぜひ事前にやりたいことをバースプランとしてしっかり書いて、助産師さんなどに伝えておいた方が良いです。出産したらすぐにおっぱいをあげたい、抱っこしたい、家族で写真を撮ってほしい、赤ちゃんの手を握りたい、などなど。一生に一度の経験(その子の出産という意味で)ぜひ後悔のないように!

大阪府:ダンボ

やってみたいことは遠慮なく、産院に相談した方がいいです。できると思っても産院によってできないこともあります。私の場合は、へその緒を主人に切ってもらいたかったのですが「できない」と言われました。

新潟県:シャッピー☆

立会い出産は絶対にした方がいいと思いました。バースプランについて旦那と話し合った際には、「へその緒を切りたい」と旦那が自ら言ってきたので理由を聞いたら、「お腹の中でへその緒から栄養を受けてお前に守ってもらっていたけど、それを切ることで俺が守る!って実感したい」と言われ、心底嬉しかったです。

京都府:サティ

夫や家族とも話し合い、理想のバースプランを考え、産院にも提出しましたが、お産がスムーズに進まず緊急帝王切開になりました。理想のバースプランを考えていただけに、理想通りのお産ができず最初はショックを受けましたが、今ではいい思い出です。

東京都:ひとぷく

妊娠中期と後期2回提出しました。その時期によってプランも気持ちも変わると思うので、何回か提出して、気持ちの変化なども伝えていった方が良いと思います。

東京都:ななななっつ

旦那とバースプランについて事前に話してイメージをかためました。旦那と話して決めたバースプランをもとに、助産師さんと一緒に臨月に入る前から診断の際に数回話し合いもしました。何はともあれ話し合うこと、具体的にイメージすることが重要だと思いました。実際には理想通りの出産ではなく、出産時に出血が多かったり、子どもが大きくて血糖値のチェックをしないといけないとかですぐにカンガルーケアができなかったりと色々あったけれども、満足のいく出産となりました。

岐阜県:のの

バースプランとして、1番最初に抱っこをするのは夫にしてもらいました。病院側は最初は「え?」という感じでしたが、そのおかげか夫は生まれてすぐから、よく抱っこをしてくれたりお世話をしてくれたりしました。お母さんは10ヶ月を共にすごしてから出産をするので、母になる実感がありますが、お父さんにとってはいきなり現れたようなもの。生まれてすぐに抱っこすることによって、父親としての実感をすぐにもってくれた気がします。

update : 2018.10.01

  • お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。
    また、iPhone、iPadのSafariにおいては「プライベートブラウズ」 機能をオフにしていただく必要があります
  • cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。

Share