バースプランについて

バースプランについて

バースプランについて

※ユニ・チャーム調べ: 2018年1月10日~2018年2月14日に実施したアンケートより(1133名のママが回答)

データ編

「バースプラン」とはどのようなものか知っているかについて伺ったところ、「知っている」と答えた方が63.9%で半数を超えましたが、「知らない」と答えた方も35.8%と、まだ多いようです。「知っている」と答えた方も、実際にバースプランを作ったのは55.4%でした。

「バースプラン」は、どのようなお産をしたいか計画をたてること。最近は、産院から聞かれるケースもあるようですが、必ずたてなければいけないものではありません。ただ、「バースプラン」を作成したというママからは、考えてよかったという声も多かったので、今後「バースプラン」を作成する人が増えていくかもしれませんね。

「バースプラン」とはどのようなものかご存知ですか?

「バースプラン」とはどのようなものかご存知ですか?

「知っている」とお答えの方にお伺いします。ご自身も「バースプラン」を作られましたか?

「知っている」とお答えの方にお伺いします。ご自身も「バースプラン」を作られましたか?

体験談

「バースプラン」とは、「お産の計画や要望」のこと。出産は予定通りではないことも多いですが、先輩ママの声を聞いてみるとどのようなお産がしたいかを考えることに意味がありそうです。先輩ママたちがどのようなバースプランを考えたか、実際の出産はどうだったかなどについて、素敵な体験談がたくさん集まりました。参考にして、自分なりのバースプランを考えてみてはいかがでしょうか。

山形県:りら

第一子妊娠中、主人とドキドキしながら考えたバースプラン。どんな風に産んであげたいか、赤ちゃんとどのように対面しようか。産声をあげたらどのように接しようか。どのようにこの子を迎えようか。考えた時間の全てが愛しくて、温かくて幸福な時間でした。実際の出産時は緊急の帝王切開になり、当初考えていたバースプランどおりにはならなかったけれど、それでも、考えて考えて赤ちゃんを想い合った夫婦の時間、会話、全部が無駄ではありませんでした。この子が大きくなったら、実際にバースプランを考える時に作成した用紙を見せてあげたいです。そして、あなたはこんなにも想われて、こんなにも願われた命なのだと知ってもらいたいです。

新潟県:ゆぽぽ

病院から渡されたバースプランの用紙。「どんなお産がしたいか?」という欄に、初産で妊娠してまもない私はすぐさま「帝王切開だけは嫌だ」と書きました。理由は単に恐怖感から。そして時は流れて40週を過ぎた頃に破水をしました。そこから3日間…促進剤を使っても子宮口は開かずに、発熱し、子宮内感染の恐れから最終的に緊急帝王切開になりました。

帝王切開の説明を受けている時も、手術中も、恐怖感よりも我が子の安否を願う気持ちや、もうすぐ会える期待感でいっぱいでした。ただただ、無事に生まれてきてくれれば、それで良い!あんなに帝王切開を怖がっていたのに最終的に願うのはそれだけでした。生まれてきた3000gの赤ちゃん。元気な産声をあげた時…今まで経験したことがないくらい幸せな瞬間でした。

バースプランを残しておくと、妊娠中の気持ちと出産時の気持ちと出産後の気持ちを比べられるし、文章から色々な情景も思い出したりします。我が子が大きくなったらこのバースプランを見ながら、生まれる前のことや生まれた時のことをたくさん話してあげたいです。

北海道:北海道札幌市りょうちゃん

帝王切開で双子を出産しました。私自身、こだわりがなかったので具体的にバースプランをたてなかったのですが、手術の内容や段取りは具体的に詳しく聞きました。また、手術中は頭の付近に常に麻酔科の方や看護師の方がいたので、手術の進み具合や赤ちゃんの状態を聞いたりして会話をしていました。見えない分、詳しく教えてくれたので、とても良い経験ができました。

熊本県:マメまま

夫は怖がりで神経質な性格なので立ち合いは希望しないと思っていましたが、健診時のバースプラン記入の際「立ち合いは希望に○して」と言われ、ビックリしたのと恥ずかしい思いがありましたが、とても嬉しかったです!

神奈川県:はるまま

両親学級に主人と参加して出産のビデオを見たのが、お互いにイメージトレーニングになりました。そのあと、他のパパやママと話すことで、バースプランもより具体的なものにできました。

大阪府:くるぽむ

娘を産んですぐ、親戚が小さい子を連れて病院に来てゆっくりできず、しんどい思いをしました。第二子の息子を出産した病院では、バースプランを聞かれたので、そこに「産後は、実父母/義父母/義祖母以外の面会は不可」と書きました(笑)。あとは、「お産の時に、万が一お腹の子どもに危険があれば帝王切開でもなんでもいいので、子どもが無事に生まれてこられるようにしてください」とも、書きました。

石川県:ぼーちゃん

妊娠中にバースプランを産院から書くようにと用紙を渡され悩みに悩んで色々と書きましたが、結局最後の最後で帝王切開になってしまった私。バースプランに書いたことはほとんど叶わずでした。理想の出産の形があるのも素敵なことですが、赤ちゃんと自分が無事であれば本当にそれだけで幸せなんだなぁと、産んでからは思いました。

埼玉県:びっくまんま

私は一人目の妊娠ということで、何からしたらいいか一つ一つ調べました。自分の中でこれは譲れないというものを書き出して、旦那と相談しながら決めました。一番譲れないのは、ちゃんとした設備があるかでした。出産は何があるかわからないので、設備が揃っているところのほうが安心できました。そこは立ち会い出産もできたのでそれもよかったです。

部屋は個室で、先生もたくさんいるのでいつでも相談に行けるところもよく、産んだ後は友人に来てもらいたかったので友人たちも病室にこれるところや、立地も視野にいれ、口コミも重要視しました。いろいろ考えましたが、生まれてから改めて考えると、出産の時はその子にとってもその一回ですし、やり直しがきかないので満足のいく出産ができるといい思い出になるなと感じました。

自分の中ではよい思い出になったので、また次もあったら一人目を参考に考えたいと思います。

福島県:まなとママ

特別なことはしませんでしたが出産時は夫に立ち会ってもらい、赤ちゃんが生まれてからすぐに写真を撮ってもらいました。後悔したことは陣痛で苦しんでいるときに、義理の母が陣痛室に入ってきて長居していったことです。

陣痛で苦しんでいるときは我を見失っていて、とてもじゃないけれど夫以外には見せられない状態です。次に出産することがあるならばバースプランには夫以外の人は陣痛室に入れないようにしてもらいます。

大阪府:ちえ

私はあまりこだわりがありませんでしたが、夫と病院の両親学級に参加したところ、夫の方が積極的に考えてくれました。立ち会い出産を希望し、カンガルーケアを夫もしたいとのことでした。

妊娠中は、自分の体が自分ではなくなるような不思議な感覚で、つわりなど大変なことも多く、ママになる実感を徐々に感じていましたが、夫もきちんとパパになると感じてくれていたんだなと嬉しくなりました。夫婦ふたりで、大切に子どもを育てていきたいなと思いました。

新潟県:たまねぎ

好きな音楽をかけることができました。あらかじめ用意しておいて、実際の出産の時には看護師さんが慌てながら準備してくれました。しかし実際にはあまり聴いている余裕なんてなかったです。笑。それでも少し陣痛が落ち着いた時に好きな音楽が流れていて、なんだかおかしくて笑ってしまいました。

埼玉県:Pecoまま

いざバースプランを書くとなると何を書いたらよいのかとても迷いましたが、バースプランを考えることによって、理想の出産だけでなく、出産に対しての疑問もたくさん浮かんできたので思いついたことは一通りメモをとり、助産師さんにメモを見てもらいながら、一緒にバースプランを考えてもらったり、疑問を解決したりしていきました。

帝王切開での出産でしたが、主人にも生まれる瞬間を見て欲しくて立ち会い出産にしました。オペは怖かったのですが、主人が側に居てくれたことがとても心強かったです。また、パパになることを実感して欲しかったので、へその緒は主人に切ってもらいました。産声が聞こえた時には感動のあまり2人で涙を流したことも、とても良い思い出です。

大阪府:ねこさん

かけたい音楽などのバースプランを練ってはいましたが、陣痛中は音楽を聴く余裕もなく、私のうめき声の方が大きかったような気がします。緊急帝王切開となったためカンガルーケアなどもできませんでしたが、顔の横で対面させてもらえた我が子。涙が溢れました!

バースプランを練るのも楽しいですが、ハプニングもつきもの。元気に生まれてくれれば、それが最高のバースプラン!我が子と対面したあとは、練っていたバースプランを思い出そうとしても思い出せませんでした^^;。

北海道:ocaca

はじめての出産だったため、特別バースプランはありませんでしたが、主人の立ち会いは希望しました。陣痛開始が土曜日で主人も休みだったため、ずっと付き添ってもらいました。生まれたての我が子、カンガルーケアの瞬間も写真にとってもらい、たまに見返すとすごく貴重な瞬間をとってもらったんだなと思います。主人に感謝です!

兵庫県:えり

まだバースプランを作っていませんが、旦那さんとよく話しをしています。「立会い出産したいね」「胎盤がどんな風になってるか見てみたいな」「へその緒はどんな風に切るのかな」など。出産に前向きになれるし、バースプランを考えることを通してコミュニケーションがとれて、とっても幸せな時間を過ごすことができています。

宮城県:ここまる

私は、「出産後に胎盤を見たい」と書きました。妊娠中の約10ヶ月近く、赤ちゃんと自分を繋いでくれたものを、自分の目で見て確認したかったからです。決して美しいものではないだろうなぁとは想像していましたが、へその緒を見たときは、これで繋がっていたんだなぁという感動がありました。

出産し、これからは自分の手で目の前にいる赤ちゃんを守っていこうという決意を、改めてすることができた瞬間でした。

大阪府:大阪府餅

バースプランでは夫の立ち会いなしの予定でしたが、LDRだったため夫が出ていくタイミングがわからず、あやうくそのまま産んでしまいそうになりました。会陰切開の時に思い出して出て行ってもらえ、無事に立ち会わずに済みました。私が見られたくない派だったのであの時思い出した自分はgood jobだったと思っています。

愛知県:ゆちゃんママ

バースプランは全く思いつきませんでした。夫が立ち会うことくらい。後から手形や足形をとって欲しいとか、家族写真を撮って欲しいとか色々思いつきました。次、授かったときはバースプランをもっと考えようと思います。

福岡県:べー

バースプランは作っていませんが、フリースタイルの自然分娩がよかったので、それが可能な産院を選びました。すごく満足できる出産ができました。

神奈川県:ももこ

「バースプランを書いてください」と言われましたが、最初はまったく書けなくて真っ白でした。何を書けばいいかわからないと助産師さんに相談したら「ちょっとしたことでもいいんですよ」と言われ、安心して書き始めたら紙いっぱいに書けました。

埼玉県:埼玉県あおくんまま

無痛分娩だったので、子どもは自分でとりあげたいと希望し、実現しました。初産でお産に対する恐怖心もあったので、なるべく痛みをとり楽しい思い出になるような出産にしたいとプランを立てました。本当に良い思い出になったので、2人目もしっかりとプランを立てて楽しみたいです。

大阪府:通行人C

産院で「バースプランを書いてください」と紙を渡され、初めてのお産が不安なことや立ち合いは誰がいいか、希望するかも記載しましたが、この時期は助産師さんが忙しく、渡しても読んでいる暇がないようで、出産当日に目を通すといわれて少しショックを受けました。

その後、時間が取れたようでバースプランについて少しお話はしましたが、実際、出産になるとあまり意見が反映されていなかったような気がして少し悲しかったです。朝からの陣痛で、産んだ時には日付が変わっていて、長時間の出産だったので助産師さんたちも大変だったとは思いますが。

静岡県:やまちゃん

産院よりバースプラン作成をと言われ、自分なりに体験談をネットで探したりして作成しました。初産ということもあり陣痛や分娩に対する不安が大きかったので、痛みを和らげる呼吸法やマッサージの仕方をバースプランで助産師さんにお願いしました。

埼玉県:くまのプー助

友人からバースプランを作ってもその通りにならないと聞いていたので、あえて作らず、当日の状況に身を任せました。出産時には思いもよらないことがあったので、バースプランを作らないで良かったと思いました。バースプランがあって、その通りにならないと、多少なりともストレスになったと思うので。

岡山県:岡山県あっきー

「ほめられたらやる気が出るのでほめて欲しい」書いたら、陣痛中の呼吸法など「そうそう上手だよ~!!」とたくさんほめてくれました。おかげで、34時間超えの出産にも耐えられました。

岐阜県:岐阜県ひーくんママ

赤ちゃんの産声を残したくて、スマホで撮影してもらいました。たまに子どもに見せるのですが、じーっと見つめていて面白いです。また胎盤も見たかったので、主人と一緒に見せてもらいました!実際に赤ちゃんが入っていた袋がこんなに大きいなんてびっくりでした。貴重な体験だったので希望して良かったなと思いました。

愛知県:GままH

初めての妊娠出産で、何を書いていいのか全くわからなかったバースプラン。何だか書くのが恥ずかしく感じて、あまりたくさん書き込むことができませんでした。現在第二子を妊娠中で、そろそろバースプランを提出する週数が近づいてきました。

一度経験したからこそ想像力が豊かになったのか、第一子とは違ってたくさん書けるものなんだなぁとびっくり。と、同時に、あまり書き込めなかったバースプランを思い返して上の子に申し訳なくなったりもしました。でも誰でも初めてのことって想像しづらいし、あの頃はあの頃で、精一杯のバースプランを考えたんだよなと思います。

お腹の子のバースプランは、上の子のバースプランの続き。家族の物語の続きだと思って、今回のバースプランも精一杯書き上げたいと思います。

神奈川県:ひぃちゃん

出産する産院は、特にバースプランの提出などはありませんでしたが、写真を撮ってくれたりすぐに母乳を吸わせたりなど、満足いくものでした。

埼玉県:あちゃん

旦那と実母の立ち会いを希望しました!正直、1人じゃ産めなかったと思います。バースプランに「出産中、音楽をかけて欲しい」と書きましたが、陣痛が始まって旦那に「CDかけようか?」と言われても、「それどころじゃなーーーい!」といい放ち、結局音楽どころじゃありませんでした(笑)。そのかわり、出産後、赤ちゃんの顔を見たり抱っこしたりしている時に、音楽をかけてもらいました。

京都府:ちゃっぱ

とにかく目が悪いので、まず眼鏡をかけさせて欲しいと希望しました。でも皆忘れていて、いち早く思い出した助産師さんが慌ててかけさせてくれたので、何とか我が子の顔は見ることができました。

update : 2018.10.01

  • お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。
    また、iPhone、iPadのSafariにおいては「プライベートブラウズ」 機能をオフにしていただく必要があります
  • cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。

Share