赤ちゃんのお風呂の入れ方

初めてのお風呂

生後1カ月を過ぎたら、そろそろベビーバスは卒業してママやパパと一緒にお風呂へ入れるようになります。実際にやってみると、赤ちゃんを洗って、体を温めて、自分自身も体を洗って…と想像以上の慌ただしさです。パパも一緒に予習してお風呂デビューにそなえましょう。

お風呂の用意と心の準備

まだ首もすわらない赤ちゃんのお風呂。洗うのもお湯につかるのも抱っこしながらなので、ベビーバス時代と変わらず重労働です。赤ちゃんが風邪を引いたりぐずったりしないよう、お風呂上がりまでの流れをスムーズにできるようにしましょう。

初めてのお風呂には何が必要?

ママが1人で入れるにしろ、パパとの連係プレイにしろ、もたもたしていると赤ちゃんがぐずり出してしまうかも。効率よくお風呂タイムを終わらせるためには、準備が肝心です。便利なアイテムも取り入れながら、快適、安全、スムーズに!

必要なもの

  • 大判バスタオル
  • ベビー用ソープ・シャンプー
  • ガーゼ・スポンジ・バスミトン

あると便利なもの

  • クーファン・簡易用ベッドママが1人で入れるとき、ママ自身の体を洗う間、脱衣所などで赤ちゃんを寝かせておきます。
  • 手桶片手で抱っこしながら掛け湯をするとき、取っ手があると便利。
  • バスマット腰掛けにすわるより、バスマットの上に直接座って抱っこする方が安定感もあり、クッション性があるので、安心です。
  • バスローブママ用に。お風呂を出てすぐ赤ちゃんのお世話ができます。
  • リクライニングバスチェア・赤ちゃん用マット寝かせて洗えるので便利。使い終わったらしっかり洗って清潔に。

お風呂に入る前に

まず、熱はないか、グジュグジュの傷はないかなど赤ちゃんのコンディションをチェック。問題なければ、浴槽のフタをしばらく開けるなどして浴室と脱衣所の室温をあげておきましょう。着替えをあらかじめ用意して広げておきます。

ママが1人で入れるときは…

脱衣所にクーファンやベビーチェア、もしくは座布団+バスタオルなどで赤ちゃんスペースをつくっておきましょう。服を脱がし、おむつだけにしてバスタオルにくるんで寝かせます。ママが自分の体を洗っている間、扉を開けて見えるようにしておくと安心ですね。

お風呂の中では

さあ、いよいよお風呂に入れましょう。浴槽のお湯が熱すぎないか、事前にチェックしておきましょう。お風呂嫌いにならないよう、できるだけ笑顔で楽しいバスタイムに。

1)ぬるめのお湯で掛け湯

まず、少しぬるめのお湯で掛け湯を。洗面器や手桶で少しずつ掛けてあげるか、弱めのシャワーで。

2)お湯につかって温まる

まずは体を温めて。ひざを立てて太ももの上に寝かせるように抱っこして。

3)顔・頭・体を洗う

まず顔を洗います。落ちにくい皮脂の汚れなどはガーゼやスポンジで。おしりは念入りに洗ってあげましょう。すべり防止に膝の上にタオルを敷き、その上に寝かせてもいいですね。

4)もう一度お湯につかって

目と目を合わせて、話しかけたり歌ったりしながらスキンシップ。お風呂の楽しさを感じさせてあげましょう。

お風呂を出たら

すぐにタオルでくるんで、こすらずやさしく拭き取ります。ローションなどでスキンケアをして、おむつ、肌着、ウェアを着せたら、おっぱいや湯冷ましで水分補給を。赤ちゃんもママも風邪をひかないよう、すばやく、手早く、乾かしてあげましょう。

パパにお願いするときには

「お風呂はパパ」と役割分担している家庭も多いよう。実際はお風呂前後のママの役割も大きいのですが、お互い気持ちよく連係プレイできるよう、上手に「お願い」しちゃいましょう。

スキンシップを楽しんでもらう

日中仕事でおうちにいないパパにとって、お風呂タイムは赤ちゃんとの貴重なスキンシップの時間。手や体の大きなパパは赤ちゃんにも安心感があり、リラックスできるはずです。ただ、実際には帰宅の遅いパパも多く、毎日となると難しそう。忙しいパパなら週末だけ、と割り切って。担当の日に存分にコミュニケーションを楽しんでもらうためにも、お風呂の段取りを覚えておいてもらいましょう。

パパとママの連携プレイで

パパをお風呂担当に任命しても、最初から最後まで、となると大変。やっぱり、ママが前後にお手伝いする連携プレイがベストです。まず、先に入ったパパが体を洗い、温まったところで、ママが赤ちゃんを手渡し。パパが完璧に洗えなくても、最初は目をつぶってあげてくださいね。しっかり洗って温まったらママが赤ちゃんを引き取って。パパが慣れてきたら、お風呂上がりの行程まで、徐々にお任せしちゃいましょう。

パパの"やりがち"NG集

いざ出番となると、やる気がはやりすぎて失敗しちゃうパパも。先輩パパたちの失敗に学んで「お風呂上手」なパパを目指してもらいましょう。

冷たい手にビックリして泣き出した!

冬場など帰宅してすぐに慌ただしくお風呂へ入れようと、体が冷たいまま抱き上げ、赤ちゃんはビックリ。まずはゆっくりお湯につかってパパ自身が温まっておいて。

抱っこがヘタで落としちゃった!

体がぬれていると、普段以上に抱っこもぎこちなく、ツルッ!なんてことも。自信がなければ、バスマットの上やベビーチェアなどに寝かせて洗いましょう。

お湯の適温がわからない!

男性は熱いお湯を好む人が多く、何気なく、そのまま赤ちゃんをお湯につけたり、掛け湯したり。湯温計でチェックしておくか、「ちょっとぬるめ」ぐらいを心がけて。

湯船にウンチ!で大慌て

お風呂でリラックスし、血行がよくなって腸が動き、プリッ! 実はこれ、よくあることなのでパパにも心の準備をしておいてもらって。一番いいのは、赤ちゃんがいきむ様子を見せたらすぐに湯船から出してと伝えておくこと。それでも間に合わなかったら、慌てずタオルや洗面器ですくい出し、一度汚れた湯船は衛生的ではないので、その時点であがるよう伝えておきましょう。

シャワーが強すぎて大泣き!

大人にちょうどいい水圧は赤ちゃんには強すぎます。掛け湯するなら洗面器で少しずつ掛けるか、ごく弱いシャワーを。

お湯につかるとぐずり始める

それは怖いから。おなかにガーゼなどをかけると安心します。ガーゼの端を握らせてあげると、落ち着く場合もありますよ。

update : 2018.10.01

  • お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。
    また、iPhone、iPadのSafariにおいては「プライベートブラウズ」 機能をオフにしていただく必要があります
  • cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。

Share