産後の育児ストレスを解消しよう

育児ストレスを解消しよう~まずママができること編~

マタニティブルーの時期は終わっても慣れない育児や、がらりと変わってしまった生活の中でイライラすることは多いですよね。でも赤ちゃんにとっては、ママが笑顔でいてくれるのが一番。赤ちゃんのためにもストレスは上手に発散したいものです。まず、ママが自分一人でもできるストレス解消法をご紹介します!人それぞれなので、以下の例を参考にみなさんなりの「笑顔」になれる方法を見つけてください!

完璧を求めない

家事も育児も完璧にこなそうとすると、どんどん負担が大きくなって体も心も疲れてしまう原因に。育児に疲れないためにも「ま、いいか」と割り切ることが大切です。ママが疲れたときはお惣菜に頼ったり、ちょっと家が汚れていても目をつむったり。

赤ちゃんは泣くのが仕事。赤ちゃんが泣いても、「ちょっと待っててね」と声をかけてあげれば、慌てて飛んで行かなくても大丈夫です。完璧にこなすことより、自分なりの「ま、いいか」を見つけて、ママが楽しく過ごすほうが赤ちゃんも嬉しいはず!

できるだけ睡眠を

赤ちゃんの生活リズムがつくまでは、夜中に泣き声で起こされるので、多くのママは睡眠不足になりがち。でも、睡眠が十分でないと、体力的につらくなるし、気持ちも滅入ってきてしまいますよね。夜、ぐっすり眠れないのならば、昼間に赤ちゃんと一緒にお昼寝をするなど、できるだけ睡眠をとるように心がけてくださいね。

ママ友達をつくろう

同じような悩みを共有できるママ友達は貴重な存在。一人で悩んでいたことも、実はみんな一緒と感じられるのもママ友達ならでは。積極的にママ達が集まる場所へ出かけて、気の合うママ友達をつくりましょう。児童館や子育て支援センターなどで顔見知りになったり、最近ではネットのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などで知り合って仲良くなるケースもあるようですよ。ただし、ママ友達をつくることがプレッシャーになって、逆にストレスになるようなら、無理する必要はありません。

赤ちゃんが寝ている時間をリフレッシュタイムに!

赤ちゃんが寝ている時間は、ママのくつろぎタイムです。たまった家事に費やしてしまうことが多いかもしれませんが、たまには自分のリフレッシュのために使ってみては? お気に入りの音楽を別の部屋で聴いたり、雑誌や本を読んだりやりたいことをやってみましょう。おすすめなのは感動的な映画やドラマをDVDなどで見て思いっきり泣くこと。涙はストレス解消に効果的なんだそうですよ!

自分へのごほうびを

忙しく追われる日々のなかで、ちょっとだけ頑張っている自分にごほうびを。ちょっと高めの出前をとって贅沢ランチをしてみたり、ネットで欲しかったバッグを買ってみたり。または、家事を楽にするための家電製品などをパパにおねだりする手もあります。ママの気分が晴れるのなら、パパもきっと賛成してくれるはず!

仕事を始めるのも一つの方法です

育児に疲れて煮詰まってしまったら、思い切って仕事を始めるのも選択肢のひとつです。保育園に預けると赤ちゃんと一緒にいられる時間は短くなりますが、その分赤ちゃんもママも一緒にいられる時間を大切にするようになり、メリハリがついたという声も聞かれますよ。

育児ストレスを解消しよう~協力してもらおう編~

一人ですべてをこなそうとするとどうしてもストレスがたまってしまいますよね。育児は一人でするものではありません。無理せず、周囲にも協力してもらいましょう!

パパと協力して

二人の赤ちゃんですから、パパも一緒に育児に参加してもらいましょう。お風呂はパパというふうに役割分担を決めておいたり、土曜はパパに赤ちゃんを預けてママは友達とお買い物をするなど、ママが自分の時間をつくることに少しでも協力してもらえば、ママの気持ちは随分楽になりますよね。 では、仕事で疲れたパパに、気持ちよく育児に参加してもらうにはどうしたらよいのでしょうか?

上手にお願いして、パパをほめましょう

ママの本音は、頼まなくてもパパが自主的に手伝って欲しいもの。だけどパパは、家事や育児に協力したい気持ちがあっても、一体何をしたらいいのかわからないことが多いのです。ママ以上にパパはまだまだ新米です。具体的にして欲しいことを伝え、やり方も教えてあげましょう。

また、「私が洗濯物を干してる間に掃除機かけておいてくれるとありがたいな」というように、分担をやさしくお願いしたり、手伝ってくれたときに「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えたり、「パパのミルクのあげ方上手ね!」とほめることも忘れずに。パパのやる気もぐっとアップするはずです!

仕事が忙しいパパは?

仕事が忙しいパパにお願いするのは申し訳ないと思うかもしれませんが、二人の赤ちゃんです。赤ちゃんが起きている時間に帰ってないとしても、朝のゴミ捨てをお願いするだけでママへの負担は変わってきます。

また、パパにやってもらえる最大のことはママの話を聞くこと。パパも大変だけど、ママも大変。お互いの状況や気持ちを1日数分でも語り合うだけで、ストレスは蓄積されないものです。「今日の赤ちゃんの話は必ずさせてね」と、会話の時間は夫婦のお約束にしてみましょう。

両親にも頼れる時は頼る

おじいちゃんやおばあちゃんも孫と一緒に過ごすのは楽しいもの。ご両親に頼れる環境にある人や、帰省したとき、あるいはご両親が遊びに来てくれたときには、思い切って甘えてみましょう。赤ちゃんをお願いして、たまにパパと二人でデートもいいですよね。 そして、ママがリフレッシュできたらお礼の言葉も忘れずに。たまには感謝の気持ちを込めて手土産を用意するのも良いかもしれません。また、おじいちゃん・おばあちゃんはパパ・ママの大先輩。育児の相談をされるのもうれしいでしょうし、抱き方やあやし方など「さすが先輩!」と思ったら、素直に口に出してみましょう。お互いに気持ちの良い関係を築くことで、次も頼みやすくなりますよ。

託児サービスを利用

少子化・核家族化が進んで周りに頼れる人がいないママが増えてきました。一人で24時間育児に追われていては、どうしてもストレスはたまってしまいますよね。たまにはシッターや託児所に赤ちゃんをお願いして、ストレス解消しましょう! 地域によっては、公的な無料や格安の子育て支援センターがある場合も。自治体の役所などに聞いてみましょう。民間のサービスでも1~2時間預けるだけならリーズナブル。その時間で美容院へ行くだけでも気分転換になるのでは?

我慢しないで吐き出しましょう

ストレスはため込むとどんどん悪化してしまいます。パパでも、友達でも両親でも、誰でも良いので、時には思いを吐き出してみましょう。話してみることでスッキリすることも意外と多いもの。どうしても、吐き出す相手が見つからないときは、子育て支援センターのような電話などで相談できる施設もあるので、利用してみるのもおすすめです

核家族化が進み、育児の負担をママ一人が背負ってしまうことも多いもの。一人で悩んでいると、解決策が見つかりにくくなりがちです。とにかく一人でふさぎこまないことがストレス解消への近道なようです。

上にも書きましたが、一番は「赤ちゃんはママとパパ、夫婦が2人で育てていこうとする原点に戻る」こと。日本の男性の育児時間は短すぎるのも大きな問題。パパと2人で話し合うことが、ママの気持ちを楽にする最初の一歩です。

でも、ストレスの解消方法は人それぞれです。上記の方法もひとつではなくいろいろ試してみることで、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。

update : 2018.10.01

  • お気に入り機能はブラウザのcookieを使用しています。ご利用の際はcookieを有効にしてください。
    また、iPhone、iPadのSafariにおいては「プライベートブラウズ」 機能をオフにしていただく必要があります
  • cookieをクリアすると、登録したお気に入りもクリアされます。

Share